こんにちは~

 

最近は「ノンストップ!」で頑張っている三上真奈アナ。

 

実は昨年に熱愛報道が出ていて、そろそろ結婚なんじゃないかな~って思っています。

 

ただ三上真奈アナ、実は二股疑惑も出ていることもあったんですよね。

 

はたして2人は無事に結婚までたどり着けるのでしょうか。

 

詳しく調べてみました。

 

Sponsored Link

三上真奈のプロフィール

【名前】三上真奈(みかみ まな)

【生年月日】1989年4月7日

【血液型】O型

【身長】157cm

【出身地】東京都中央区

【出身校】早稲田大学商学部

【活動】アナウンサー

【所属】フジテレビジョン

 

 

 

 

三上真奈アナは早稲田大学を経て2013年にフジテレビに入社しました。

 

 

幼少期は台湾や中国、香港で過ごし、高校時代にはアメリカへ留学した経験もある国際派。

 

 

また学生時代にはフリーアナウンサーとして活動していたこともあったため、そのあたりも期待されていたような印象です。

 

 

実際にフジテレビの人気アナウンサーの登竜門となっている「○○パン」シリーズのMCにも起用。

 

番組名にもなった「ミカパン」は、そのまま三上真奈アナの愛称として定着していきました。

 

 

その後は「めざにゅ~」や「めざましテレビ」などの朝の情報番組のアシスタントを経験。

 

 

そして現在では朝9;50分からの情報番組「ノンストップ!」のMCを務めています。

 

 

Sponsored Link

ヤクルトのエース小川泰弘と交際中!

三上真奈アナは昨年の8月にとある男性との真剣交際を報じられています。

 

 

そのお相手は東京ヤクルトスワローズの小川泰弘選手。

 

 

 

 

野球好きだったらヤクルトファンじゃなくても絶対に名前を知っているくらいすごい選手だそうです。

 

 

投球フォームがメジャーリーグで活躍したノーラン・ライアンとよく似ていることから、ライアンというあだ名でもおなじみとのこと。

 

 

 

 

 

2016年シーズンには年俸が1億円を突破して、しかもイケメン

 

 

年齢は1990年5月生まれということで、三上真奈アナの1つ年下になりますね。

 

こんな理想的な彼氏を見つけるなんて、三上真奈アナすごいですね。

 

 

 

2016年の4月ごろから交際が始まったということで、交際期間は2年半にもなります。

 

もうお互いにいい年ですし、近いうちに結婚という可能性は高いのではないでしょうか。

 

 

特に今年はヤクルトの調子が良いみたいなので、順調にいけば2018年中に結婚する可能性は高いです。

 

野球のシーズンが終わった10月~12月あたりになるのではないかとおもいます。

 

 

Sponsored Link

三上真奈の浮気・二股疑惑が結婚にストップをかけている

心配なのは三上真奈アナの浮気・二股疑惑ですよね。

 

 

実は三上真奈アナ、2016年の12月にHey! Say! JUMP伊野尾慧さんとの密会が報じられているのです。

 

 

 

 

2人はめざましテレビで共演していて、そこから親密な関係になっていったのでしょう。

 

 

 

ただこの当時、三上真奈アナについてはそれほど問題にはなっていませんでした。

 

 

どうも伊野尾慧さんには女癖が悪いというイメージがついているらしく、三上真奈アナも遊ばれているだけだろうというのが世間のもっぱらの見方。

 

むしろ伊野尾慧は同時期にTBSの宇垣美里アナとも密会していたらしく、その二股の方が大きく取り上げられていました。

 

 

 

 

問題になったのは、小川泰弘選手との交際が報道されてからです。

 

 

この報道があったのは2017年の8月ということで、伊野尾慧さんとの密会報道よりも後です。

 

 

しかし交際自体は2016年4月から続いているともいわれています。

 

 

つまり小川泰弘選手と交際中にも関わらず伊野尾慧さんと密会していたことになるのです。

 

 

実は三上真奈アナも浮気をしていたなんて…

 

 

 

 

 

いくら伊野尾慧さんの女癖が悪いとはいっても、三上真奈アナにも責任はあるはず。

 

 

昨年に熱愛報道があったにもかかわらず結婚まで至らなかったのは、この事態を重く見た関係者がストップをかけたからともいわれています。

 

 

この1年、もし三上真奈アナが純愛を貫いていたのであれば関係者も結婚を認めてくれるかもしれませんが…。

 

 

 

 

今度こそ、結婚まで「ノンストップ!」となるでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。