ここ最近の人気の職業No.1に「ユーチューバー」という職業があります。

 

子供達にも人気のある職業として認められるようになったのは、いつの頃からでしょうか。

 

 

少し前であれば、それほど知っている人もいなかったんじゃないかと思います。

 

 

今やそういうものを『職業』にまでしてしまった人といえばヒカキンでしょう。

 

 

 

そんな、子供達も憧れるパイオニアとしてのヒカキンとユーチューバーについて触れてみます!

 

 

 

 

 

ヒカキンさんのプロフィール

【本名】開發 光(かいはつ ひかる)

【生年月日】1989年4月21

【身長】174cm

【血液型】O

【出身地】新潟県新井市(現在:妙高市)

【出身校】新潟県立新井高等学校 卒業

【家族】SEIKIN(兄)

【職業】YouTuber、ヒューマンビートボクサー、ファウンダー

【事務所】UUUM

 

 

 

詳しくはこちらのページもご覧ください。

↓↓

ヒカキンってどんな人?本名は?絶好調2018年の年収を大胆予想!

 

 

セイキンさんのプロフィール

【本名】開發 聖也(かいはつ せいや)

【生年月日】1987年7月30

【身長】174cm

【血液型】O

【出身地】新潟県新井市(現在:妙高市)

【出身校】新潟県立新井高等学校 卒業

【家族】HIKAKIN(弟)

【職業】YouTuber、ファウンダー

【事務所】UUUM

 

 

 

Sponsored Link

万人受けする「ヒカキン」の魅力

ヒカキンさんと言えば、ユーチューバーの代表格です。

 

 

スマホやインターネットの普及により動画が手軽に誰でも見れる環境は、現在では当たり前となっています。

 

数年前まではメディアと言えば、テレビでしたよね。

 

バラエティ番組でもニュース番組でもエンターテイメントも情報もほとんどがテレビからでした。

 

 

 

それが近年では、テレビを見るよりネットのほうが身近になっています。

 

テレビが主役の時代には、テレビによく出るタレントが人気を博していました。

 

それがネット主流の現在、タレントに変わる存在としてフューチャーされているのが「ユーチューバー」と呼ばれる人たちです。

 

 

 

ユーチューバーは動画をアップロードし、多くの方に視聴されることにより広告収入を得ています。

 

 

ユーチューブ動画とテレビ番組の違いは、ユーチューブは動画を自ら企画出演撮影編集までを行うということです。

 

 

 

 

ヒカキンさんもこれら全部を行っているマルチクリエイターと言えますね。

 

 

そしてヒカキンさんが小さい子供からも好かれる理由があります。

 

 

 

それは、まるでドラえもんのような彼のキャラクターと子供でも楽しめる動画内容にあります。

 

話題の商品を紹介したり、ゲーム実況したり、外にロケに出たり、氷風呂に入ったり、激辛ソースを食べてみたり…etc…

 

様々な動画にチャレンジしていることが受けています。

 

何やらほっこりするようなハラハラするような、いろんな動画を配信していらっしゃいます。

 

 

 

何よりヒカキンさんの隠れた努力の部分が本当にすごいんです。

 

クリエイターといえば華やかな響きですが、日々されている事は簡単なことかもしれませんがそれを続けていくのは並大抵の事ではないんですね。

 

 

いやぁ見習わないといけないなと本当に思います(笑)

 

Sponsored Link

ヒカキンの実の兄、セイキンの魅力

ヒカキンさんの実の兄であるセイキンさんもユーチューバーのひとりなんです。

 

 

兄弟そろって有名なユーチューバーとは、なんともすごいことですよねぇ。

 

ヒカキンさんとセイキンさんは動画上でもよく共演やコラボをしていますね。

 

 

それぞれのチャンネルは持っており、それぞれの動画をアップしています。

 

 

 

 

ヒカキンさんとセイキンさんでオリジナル曲を発表したりしているんですよ!

 

セイキンさんは歌も上手く、楽曲自体も作るなどマルチな才能の持ち主です。

 

 

 

 

 

 

ユーチューバーの将来性は?

ヒカキンさんとセイキンさんはユーチューバーで兄弟という非常に珍しいケースで、しかも二人とも成功していらっしゃいます。

 

 

Upされている動画は非常に楽しくて次世代のエンターテイメントだなと気付かされます。

 

 

いつまでユーチューバーが続くかはわかりませんが期待し続けていたいですね!

 

 

 

毎日アップされる彼らの動画を楽しみにしている視聴者はたくさん居ます。

 

 

夢をつくってきた第一人者だからこそ応援し続けていたいんです。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

 

スポンサーリンク