こんにちは~

 

キングコングの梶原雄太さんが、この10月からYouTuber「カジサック」としてデビューしたみたいですね。

 

最近は芸能人の方がYouTubeで活動することも多くなってきました!

 

ですが梶原雄太さんの場合は何やら普通のデビューとは様子が違うようです。

 

なんとチャンネル登録者数が100万人を超えなければ芸人を引退するというのです。

 

芸人人生をかけた大勝負、果たしてどうなるのでしょうか。

 

Sponsored Link

梶原雄太のプロフィール

【生年月日】1980年8月7日

【血液型】B形

【身長】163cm

【出身地】大阪府大阪市

【コンビ】キングコング

【相方】西野亮廣

【所属事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

 

1999年、お笑いコンビ「キングコング」としてデビューした梶原雄太さん。

 

 

すると2001年ごろにはもう「はねるのトびら」のレギュラー出演が決まるなど、すごいスピードで出世していきました。

 

 

「はねトび」のイメージが強いんですが、漫才もとても上手なんですよね。

 

 

すごくテンポのいい漫才で、次々に言葉が出てくるんです。

 

 

 

 

 

2000年には

「NHK上方漫才コンテスト 最優秀賞」

 

2001年には

「ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞」

「OBC上方漫才大賞 新人賞」

「YTV上方お笑い大賞 最優秀新人賞」

 

と関西のお笑いタイトルを総なめ。

 

 

ちなみにNHK上方漫才コンテストは毎年2月に行われているのですが、2000年の2月はまだ2人ともNSCに在学中

 

NSC卒業前にこんな大きな賞を取ってしまったのって、後にも先にもキングコングの2人だけなんだそう。

 

 

しかもこの時はまだコンビを結成して5カ月くらいだったんだとか。

 

 

 

2001年の年末にはM-1グランプリの決勝にも進出。

 

 

 

 

残念ながら優勝とはなりませんでしたが、もうお笑い好きでキングコングの名を知らない人はいないというくらいの活躍でしたね。

 

 

Sponsored Link

カジサックとしてYouTuberデビュー

そんなキングコングの2人ですが、最近では別々の活動が増えて生きていますね。

 

 

特に相方の西野亮廣さんは小説家になったり絵本作家になったり、マルチに活動されています。

 

 

梶原雄太さんは芸人としての活動を続けていましたが、どちらかといえば関西ローカルへの出演が多くなっていたみたいですね。

 

上沼恵美子さんに気にいってもらえたのか、上沼恵美子さん司会の番組に呼ばれていることが多いそうです。

 

 

 

 

 

そんな中、2018年10月、梶原雄太さんがYouTuber「カジサック」としてデビューすることになりました。

 

 

 

 

たしかに梶原雄太さんは以前からヒカルさんやラファエルさんら人気YouTuberの動画に出演することが多かったですし、

 

なんなら2013年に「毎日キングコング」というコンビのチャンネルを開設していて、現在も更新中です。

 

 

 

 

そんなYouTubeという環境に慣れ親しんだ梶原雄太さんが、満を持して個人のチャンネルを開設することになりました!

 

 

と、これだけならよくある話で終わっていたかもしれません。最近は芸能人がYouTuberになるパターンも珍しくはなくなってきましたから。

 

 

ですが梶原雄太さんの場合、ある公約を掲げてYouTuberデビューとなりました。

 

 

その公約というのが「2019年末までにチャンネル登録者100万人」というもの。

 

 

そしてこれを達成できなければ芸人を引退するというのです!

 

 

 

 

猶予はたった1年4カ月、いったいどうなるのでしょうか。

 

Sponsored Link

100万人までのハードル

チャンネル登録者100万人という数字ですが、もちろんそう簡単に達成できる数字ではありません。

 

 

現在YouTube上には数えきれないほどのチャンネルがあるのですが、そのうち100万人を超えたチャンネルはほんのわずかです。

 

しかも100万人達成までに数年かかっていることも珍しくはありません

 

 

いくら梶原雄太さんに知名度があるとはいえ、1年4カ月で100万人という数字はかなりのハードルです。

 

 

もう少し期間が長ければ100万人も確実だとは思うのですが、この期間での達成はどうなのでしょうか。

 

 

 

今のところ、出足としては順調な数字を残しています。

 

 

初動画を投稿した10月3日には登録者が3万人10日には登録者10万人を突破。

 

動画投稿開始から10日目の10月10日に10万人ってなんかすごいですよね(笑)

 

 

その後も順調な伸びを見せて19日には20万人も突破。

 

10月23日現在、26万人という数字になっていますね。1カ月足らずでこの数字はかなり順調なのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

低評価を逆転させた1日ママ体験

チャンネル開設当初は多かった低評価も、だんだんと回復してきました。

 

実はカジサックチャンネルの1つ目の動画、すっごい低評価が多かったんですよね。

 

 

 

 

10月23日現在だと、高評価1.7万に対して低評価は3.2万、低評価の方が倍近い数字を残しています。

 

(いまでこそ1:2くらいの割合ですが、投稿当初はもっと低評価の割合が高かったです)

 

 

さらに2個目、3個目の動画もずっと低評価が多かったという状況でした。

 

 

主に他のYouTuberさんとのコラボ動画をアップしていたのですが、「他人の力で100万人を達成するつもりか」という声が多数相次ぎ、低評価につながっていきました。

 

 

 

 

そんなカジサックチャンネルの雰囲気が変わっていったのは「丸1日ママになってみました」という動画からです。

 

 

この動画で梶原雄太さんは奥さんに代わって家事や子育てをやっていたのですが、子供とのやり取りがすごく癒されるんですよね!

 

 

梶原雄太さんには4人もの子供がいるのですが、その子たちが動画の中ではとっても楽しそうなんです。

 

特に次女のせんりちゃん(2歳)とハイタッチするシーンなんかはこっちまで笑顔になっちゃいました!

 

 

 

 

動画内では家事に初挑戦といっていましたが、普段から子供のことをきちんと大事にしていることが伝わってきましたね。

 

 

 

さらに続く動画は同期である南海キャンディーズ山里亮太さんとの対談でも高評価を獲得していました。

 

 

 

 

実は同期でありながら19年間2人で話したことがないというくらいの仲

 

梶原雄太さんもこの日だけは「カジサック」ではなく「キングコング梶原雄太でやらせてください」と冒頭で宣言するほどの意気込みでした。

 

 

そんな2人のトークですが、なんだかんだ息がピッタリでしたね。動画内で語られた若手時代のエピソードなんかも必聴です。

 

山里亮太さんは昔性格が悪かったという話はよく聞くんですが、それ以上にすごいエピソードを披露していました(笑)

 

 

こちらの動画もたくさんの高評価を獲得し、100万再生を突破しています。

 

 

 

今のところすごくいい調子で登録者数を獲得している梶原雄太さん。

 

 

2019年末までに100万人、突破できるでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。