ズィーヤ!

 

2020年ABCお笑いグランプリ優勝。

 

ますます注目を集めているコウテイの2人。

 

下田真生さんのダイナミックなボケに、九条ジョーさんの鋭いツッコミが光ります。

 

さらにツッコミの九条ジョーさんは、お洒落芸人としても知られています。

 

映画への出演も果たし、どんどん2枚目キャラになっていく九条ジョーさん。

 

今回はそんな彼をまとめてみました。

 

九条ジョーのプロフィール

【本名】小川拓文(おがわ たくや)

【生年月日】1994年1月13日

【出身】滋賀県長浜市

【身長】184cm

【血液型】A型

【中学・高校】県立川瀬中学・高等学校

 

 

 

 

「OK釈迦地蔵」

「ズィーヤ」

 

 

こんな掛け合いから漫才が展開されていく、お笑いコンビのコウテイ。

 

 

下田真生さんの体全体を使ったダイナミックなボケ

 

そこに九条ジョーさんの独特なセンスのツッコミ

 

 

コウテイのネタはずっと笑いっぱなしで、見ていてお腹がつかれてしまいます(笑)

 

 

ほかのどのコンビにもできないネタですよね。

 

九条ジョーはオシャレ芸人として知られる

さらにツッコミの九条ジョーさんはここ最近で「オシャレ芸人」としても知られるようになりました。

 

 

上方漫才協会大賞にて発表される「オシャレ&ダサイ芸人ランキング」にて、九条ジョーさんは2020年のランキングで見事1位を獲得。

 

 

1位に選ばれた際のお写真がこちらになります。

 

 

 

 

確かに雰囲気がすごい。

 

 

もともと184cmと高身長なのに加えて、そのスタイルの良さが生きる服を選んでいますね。

 

お互いがお互いの良さを引き出しています。

 

 

本当にセンスがすごい。

 

 

つい最近もロンドンハーツでそのファッションセンスが絶賛されていました。

 

 

 

ちなみに余談ですが「オシャレ&ダサイ芸人ランキング」は過去3回行われていて、

 

 

九条ジョーさんは2位(2019年)→1位(2020年)→2位(2021年)と常に上位に位置しています。

 

 

ちなみに2019年の1位はアインシュタイン河井ゆずるさん、2021年の1位はセンリーズ きたしろさんです。

 

 

なおダサイ芸人ランキングの方ではエンペラー安井祐弥さんが3年連続1位に君臨しています。

 

 

 

 

コウテイとエンペラー、いったいどこで差がついたのでしょうか……

 

 

映画にも抜擢された九条ジョー

九条ジョーさんのセンスは業界内にも広まりつつありますよね。

 

 

 

2021年には竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さんの3人が監督として制作された映画「ゾッキ」に出演。

 

 

この「ゾッキ」は大橋裕之さんの短編作品「ゾッキA」「ゾッキB」から様々なエピソードを織り交ぜて1つの作品となっています。

 

 

九条ジョーさんは「伴くん」のエピソードにて、伴くん役として出演。

 

 

 

 

丸坊主の九条ジョーさんも、すごく雰囲気が良いですね。

 

 

ファッションセンスだけでなく、演技のセンスも抜群みたいです。

 

 

でも確かにあのネタを見ていたら、もはやセンスしか感じないですよね(笑)

 

 

 

 

オシャレ芸人ランキングで常に上位、そして映画にも出演。

 

どんどん2枚目キャラになっていく九条ジョーさん。

 

 

これからのコウテイは、きっと今までとはまた違った世界を見せてくれるような気がします。

 

ますます注目のコンビですね!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。