こんにちは!

 

いよいよ年末、毎年恒例の「おもしろ荘」の季節がやってきました。

 

また正式に出演者は発表されていませんが、個人的に注目しているのは「三遊間」というコンビ。

 

名前の通り野球ネタも面白いですが、それ以外もネタもしっかりと作られています。

 

いったいどんなコンビなのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

 

三遊間のプロフィール

稲継諒

【生年月日】1995年9月26日

【出身】兵庫県

【身長/体重】175cm /70kg

【血液型】AB型

 

 

さくらい

【生年月日】1996年5月25日

【出身】滋賀県

【身長/体重】172cm /59kg

【血液型】AB型

 

 

 

 

三遊間

 

 

野球やソフトボールにおける三塁手と遊撃手の間のゾーンをいいます。

 

 

右バッターの引っ張った強い打球や、左バッターの強い回転がかかった打球など、難しい打球が飛んでくるのも特徴。

 

 

ぼてぼての当たりでも間を抜けてしまったり、追いついても内野安打になってしまったりなど、難しいポジションです。

 

 

 

ではなくて、今回はおもしろ荘で注目のコンビ「三遊間」についての紹介です。

 

 

三遊間は大阪NSC41期生、稲継諒さんとさくらいさんの2人で結成されたコンビ。

 

 

2人とも野球好きということもあって、野球ネタを得意としています。

 

 

初出場となった2019年のM-1グランプリでは、その野球ネタを武器に3回戦まで進出。

 

 

この当時から刺さる人には刺さる、注目のコンビでした。

 

 

三遊間は野球ネタ以外も強い

ですがこの2人、野球以外のネタもしっかりと磨きをかけています。

 

 

2021年のM-1グランプリでは、「ご先祖様」のネタと「違法アップロード」のネタで勝負していました。

 

 

ご先祖様では歴史上の人物と現代のオタクをうまくミックスさせ

 

 

違法アップロードのネタはさくらいさんの高い声とYouTubeにアップされた半沢直樹をうまく組み合わせていました。

 

 

本当にYouTubeで半沢直樹の動画を見たことがある人には、相当刺さる内容だったのではないでしょうか?

 

 

しれっとトミーズ雅さんの番組もいじっていますし(笑)

 

 

目の付け所と、それを漫才に落とし込む構成力。実力は折り紙付きといっても過言ではありません。

 

 

あとはおもしろ荘の出演を決めてブレイクするだけ。

 

 

三遊間の2人はハマることができるのでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。