こんにちは!

 

野球芸人として、ひときわ強い存在感を放つティモンディの2人。

 

始球式にも引っ張りだこで、高岸宏之さんは芸能人最速の140km/hもマークしました。

 

ですが今回注目したいのはティモンディの2人ではなく、2人を支える吉田マネージャーです。

 

ティモンディの2人に負けず劣らずの実力を持ち、もはや3人目のティモンディとも!?

 

いったいどんな人物なのでしょうか?

 

ティモンディの吉田マネージャーが話題に

グレープカンパニー所属、ティモンディの2人を裏から支えている吉田マネージャー

 

 

一般人でありながら、ティモンディファンの間ではおなじみの存在です。

 

 

厳しさもユーモアもどちらも持ち合わせており、ティモンディの2人も絶対の信頼を置いています。

 

 

 

 

ラジオでもよく吉田マネージャーの話題が出ていますよね。

 

 

本当に理想的な関係で、素敵だな~って思います。

 

 

 

 

さてそんな吉田マネージャーですが、ティモンディの動画で野球の腕前を披露することもあります。

 

 

硬式ではなく軟式野球の出身ですが、強豪校である仙台商業出身

 

軟式野球部はこれまで15回以上の全国大会出場回数を誇っており、最近でも2014年~2019年まで6年連続で全国大会に進出

 

 

吉田マネージャー在籍時も全国大会出場を果たしているそう。

 

 

そしてなんといっても、グレープカンパニーの創設者、サンドウィッチマンの後輩でもあります。

 

 

サンドウィッチマンの2人も大の野球好きということもあり、ドラフト1位でグレープカンパニーへと入社しました。

 

吉田マネージャーの野球の実力がすごい

そして吉田マネージャー、実際に野球の腕前も本当に素晴らしい。

 

 

バッティングセンターで160km/hの球に挑戦するという企画では、高岸宏之さん、前田裕太さんの2人が苦戦する中、

 

1人だけきれいなヒット性の当たりを放っていました。

 

 

 

 

そしてティモンディの2人との直接対決も実現。

 

吉田マネージャーはピッチャーもされていたということで

 

ピッチャー吉田VSバッター前田

ピッチャー吉田VSバッター高岸

 

ピッチャー前田VSバッター吉田

ピッチャー高岸VSバッター吉田

 

と、それぞれの組み合わせで対決していました。

 

 

驚いたのはピッチャー・吉田マネージャーのポテンシャルです。

 

 

コントロールもよく、変化球にもキレがある。

 

 

マウンドにいたのは単なるマネージャーではなく、完成されたピッチャーでした。

 

 

 

 

なにより吉田マネージャーと対戦しているとき、ティモンディの2人が本当に楽しそうなんですよね。

 

 

元プロ野球選手との真剣勝負もいいですが、親しい相手にちょっと煽りを入れつつリラックスムードの中で行われる勝負もいい。

 

 

高岸宏之さんも前田裕太さんも本当にイキイキしています。

 

 

高岸宏之さんはバッター吉田マネージャーとの勝負の時に、初球デッドボールをかましていましたw

 

 

本人曰く「日頃お世話になった感謝を込めて」ということですが。

 

 

吉田マネージャーからはサイコパス扱いされていましたね(笑)

 

 

前田裕太さんもかなりインコースを責めていましたし、吉田マネージャー相手だと全く遠慮がない。

 

 

 

 

 

吉田マネージャー本人は、自分が前に出るのはあまりよくないと思っているみたいですが、ファンとしては2人の関係性を見られるだけでも満足ですよね。

 

 

これからもプレイングマネージャーとして、頑張ってほしいです!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。