アメトーークの『運動神経悪い芸人』の回、本当に面白いですよね!
 
アメトーークの中でも随一に大好きなんです、私。
 
 
テレビの前で大爆笑して観ている人もこのコーナーのファンの人も多いのではないでしょうか?
 
 
 
運動神経が悪い芸人はたくさんいますが、その中でも今回は御茶ノ水男子の「しいはしジャスタウェイ」さんのご紹介です。
 
このコンビ、インパクトはかなり凄いんです。
 
 
知らないって人もこれを機にお見知りおきください。
 
今、注目の芸人さんです!
 
Sponsored Link

御茶ノ水男子のプロフィール

 
【結成】2008年9月10日
【事務所】吉本興業東京本社
【出身】東京NSC12期生
【業種】コント
【同期】渡辺直美、ジャングルポケット、南国姉妹、など
【メンバー】
おもしろ佐藤
 
 
本名:佐藤 英昭(さとう ひであき)
ニックネーム:おもさん、さとさん、木炭、影
担当:ツッコミ
生年月日:1984年3月25日
出身:福岡県久留米市
身長:168cm
血液型:A型
職務経歴:アニメーター
 
しいはしジャスタウェイ
 
 
本名:椎橋 宏光(しいばし ひろみつ)
ニックネーム:しいさん
担当:ボケ
生年月日:1981年7月20日
出身:千葉県我孫子市
身長:173cm
血液型:A型
職務経歴:スーツアクター、ドラマー
(芸名の「ジャスタウェイ」とは、好きなマンガ銀魂に出てくる同名の爆弾に由来している。)
 
 
因みにコンビ名の「御茶ノ水」の由来が気になりますよね。
 
 
しいはしジャスタウェイさんヒーロー戦隊ものが大好きらしいです。
そしておもしろ佐藤さんアニメが大好き
 
まぁ、好きというかお2人とも前職でそういうお仕事されてます。
 
ヒーローショーの聖地といえば「水道橋
アニメの聖地といえばもちろん「秋葉原
 
この間の駅が「御茶ノ水」だからみたいです。そこから、「お茶の水女子大学」をもじって「御茶ノ水男子」になったそうですよー。へぇ~。
 
 
しいはしジャスタウェイさん、顔はかなりの童顔な為「20代」に見られやすいですが、実際は「36歳」なので年齢は結構いっています
 
相方のおもしろ佐藤さんはNSCで出会った時に年下に見えたからタメ口だったらしく、それぐらい童顔です。
 
 
 
彼はアメトーークでの運動神経悪い芸人で運動神経の悪さを存分に発揮しています。
 
年末に行われる「アメトーークSP」にも出演するので、そこでの活躍にも期待されますね。 
Sponsored Link

年末のアメトーークでの期待値は!?

しいはしジャスタウェイさんは過去のアメトーークで「バスケ」「卓球」「やり投げ」「卓球」などで運動神経の悪さを存分に披露してきました。
 
もちろん芸人さんなんで、ある程度はヤラセ的な部分があるんだとは思います。
 
それにしてもバスケと卓球では、何故か「靴が脱げる」というハプニングを起こしていました。
 
奇跡的ですよね(笑)
 
 
しかし、コレだけではまだ弱いんです。
 
なぜかというと運動神経悪い芸人にはフルーツポンチ村上さんという強敵がいます。もはや神がかったこの強敵を出し抜くには、靴が脱げる程度では足りないです。
 
 
 
ブレイクするため、芸人さんはインパクトが大事です。
 
番組や舞台に上がれば、どれだけインパクトを残せるか、が芸人人生を左右するといっても過言ではないんですね~。
 
 
顔はシュっとしているのに、運動神経が悪い」というギャップは女子ウケしそうです。
 
実際わたしも好きなので。
 
だからこそこのチャンスにぜひブレイクして欲しいですね!!
 
 
 

しいはしジャスタウェイの今後の活躍は期待できる!?

しいはしジャスタウェイさんは見た目も童顔でカワイイですし、相方のおもしろ佐藤さんも顔が濃い目のイケメンです。
 
年末のアメトーークで、しいはしジャスタウェイさんがかなりのインパクトを残したら、これはチャンスです。
 
なぜなら最近の傾向として吉本興業はイケメンコンビを推すんですね。
 
ここで知名度が上がれば、今後彼らをゴリ推す可能性は大いにあります。
 
 
 
しいはしジャスタウェイさんは「特撮」「漫画」にかなり詳しいので、もし売れたらその趣味を活かして、子供向けの番組に呼ばれていくかもしれないです。
 
性格もおっとりしているのでうってつけですね!
 
その時が来たらまた記事を書きますね~。
 
 
 
 
しいはしジャスタウェイさんの特技はゴレンジャーからゴーカイジャーまでの全35の赤レンジャーのポーズが出来る事らしいです。
 
すごい戦隊マニアですね(笑)
 
過去にはスーツアクターとして働いていた経験から「実はスポーツ音痴では無いのではないか」という噂もちらほらあります。
 
スーツアクターの引退理由は「バク転失敗らしく、もしかしたらそれがトラウマになったのかもしれませんしね。
 
 
 
何はともかくせっかく回ってきた芸人人生のチャンスです。
 
今後の活躍を楽しみに応援したいと思います。
 
 
 
 
それではまた~。