こんにちは!

 

2020年12月8日、とうとうあの人物の正規メンバー昇格が発表されました。

 

本間麻衣さん

 

2016年にグループに加入し、それから丸4年かけて正規メンバー昇格となりました。

 

お披露目から昇格までの期間は、AB48でもっとも長かったんだとか。

 

今回は本間麻衣さんに注目してみました。

 

本間麻衣のプロフィール

【生年月日】2002年9月6日

【出身】東京都

【血液型】O型

【身長】166.5cm

 

 

 

 

2020年12月8日に行われた「AKB48劇場15周年配信」にて、チーム4研究生の本間麻衣さんの正規メンバー昇格が発表されました。

 

 

2016年の16期生オーディションに合格し、その年の12月8日に初お披露目。

 

それから丸4年かけて、ようやく正規メンバー昇格となりました。

 

 

 

 

お披露目から昇格までかかった日数は1461日

 

AKB48のこれまでの最長記録を更新する長さとなります。

 

 

しかもそれまでの記録は佐藤美波さん、道枝咲さんの1008日。

 

2人とも本間麻衣さんと同期である16期生です。

 

 

つまりスタート地点が同じはずのメンバーにすら、後れを取っていたのです。

 

 

一時期は研究生公演にも出演していない時期もあって、このままフェードアウトかなんて心配されていた時期もありました。

 

 

 

あるいは今回の公演で昇格発表がなければ、本当にそうなっていたかもしれません。

 

 

ですがようやく正規メンバーに昇格。

 

 

チーム4の秘密兵器が、ようやくお目見えです。

 

昇格の遅さの理由はダンス?

でもどうしてここまで昇格が遅かったのでしょうか。

 

 

その理由は推測になってしまいますが、本間麻衣さんのダンス力にあるのではないかといわれています。

 

 

本間麻衣さん、とにかくダンスが苦手です。

 

 

2017年に「AKB48ネ申テレビ」で16期生強化合宿の様子が放送されたのですが、

 

 

メンバーそれぞれに歌とダンスの点数をつけていったところ、本間麻衣さんは見事に両方で最下位になっています。

 

 

 

 

2点て...

 

 

ほかのメンバーのダンスと比べても一目瞭然でした。

 

 

こちらは1位タイの山内瑞葵さん

 

 

こちらが本間麻衣さん

 

166.5cmの身長が全く生かされていません…

 

 

 

それに振りがしっかりと身についていないだけならまだしも、フォーメーションもままならないことも。

 

ほかのメンバーとぶつかりそうになってヒヤヒヤしてしまうんですよね。

 

 

一時期研究生公演に呼ばれていなかったのも、新曲の振りを覚えられなかったからでは?という見方もあります。

 

 

本人にとってもビックリの昇格

正規メンバー昇格は、本人にとってもびっくりするような発表だったみたいで。

 

 

この日、昇格するメンバー7人の名前が発表されたのですが、本間麻衣さんの名前は最後に呼ばれました

 

 

しかも直前までに発表されていたメンバーは、みんな2018年の第3回ドラフト会議で加入したメンバーたち。

 

 

またダメだったか

 

 

そう思いかけていた時、最後の最後で名前が呼ばれたのです。

 

 

この時のことを、うれしさより驚きのほうが勝ってしまったとSHOWROOMで語っています。

 

 

 

加入当時はまだ中学生だったのに、もう高校卒業直前になってしまいました。

 

 

ですがここはゴールではなく、まだスタート地点です。

 

丸4年、研究生として努力してきた真価は、これから問われることになります。

 

 

ここから、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。

 

本当に楽しみですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。