元気100倍!アンパンマン!

 

このセリフで幕を閉じた2020年日本シリーズ。

 

もうおわかりですよねw

 

MVPを受賞したソフトバンクホークス・栗原陵矢選手のインタビューです。

 

今年がレギュラー1年目の選手ながら日本シリーズでは打ちまくり、見事MVPを獲得。

 

もともと明るい選手ではありましたが、まさか最後までマイクパフォーマンスで魅せてくれるとは…。

 

今回は栗原陵矢選手についてまとめてみました。

 

栗原陵矢のプロフィール

【生年月日】1996年7月4日

【出身】福井県福井市

【高校】福井県立春江工業高校

【身長/体重】179cm/75kg

 

 

 

 

2020年日本シリーズ。

 

見事にソフトバンクホークスが4連勝で4連覇を達成しました。

 

 

MVPに輝いたのは、6年目24歳の栗原陵矢選手

 

 

第1戦では日本シリーズ初打席ながら菅野智之選手からホームランを放つなど、3打数3安打4打点の活躍

 

第2戦でも5打数4安打の大暴れを見せ、チームの優勝に貢献しました。

 

 

 

 

このシリーズでは全試合5番ライトで出場した栗原陵矢選手ですが、もともとキャッチャーとして入団した選手です。

 

(今でも登録上はキャッチャーのまま)

 

 

福井県立春江工業高校時代からバッティングには定評があり、高校通算26本塁打を記録。

 

3年生時にはU18ワールドカップの日本代表にも選出され、正捕手を務めました。

 

 

そして2015年のドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスへと入団。

 

強肩だけでなく足の速さにも注目されており、入団時には1番キャッチャーをやってみたいとも語っていました。

 

栗原陵矢のキャラクターが面白い

そして栗原陵矢選手といえば、やっぱりその愛されキャラクターが本当に素敵です。

 

 

それでもまさかMVP獲得インタビューで「元気100倍!アンパンマン」なんて言い出すとは思いませんでしたが(笑)

 

 

インタビュアーさんも「見事インタビューを“乗り切った”栗原陵矢選手でした」って言ってましたし。

 

 

もともとファン感謝祭などでは1番の盛り上げ役でした。

 

 

マイクを持たせればすぐに笑いを取りに行きますし。

 

 

真顔で踊って見せたパプリカダンスはもはや伝説です(笑)

 

https://twitter.com/kazukemono/status/1198519994725756928

 

 

 

2017年には復興イベントで地元高校のチアに混ざってダンスを踊り、大爆笑を巻き起こしていました。

 

 

 

でもシーズン中のヒーローインタビューではいたって真面目に受け答えしていたんです。

 

MVPのインタビューも初めは真面目に答えていました。

 

 

それが最後の最後で……笑

 

 

本当にいつも期待に応えてくれる人ですね!

 

 

(ちなみにアンパンマンのモノマネは以前から使われている)

 

 

栗原陵矢の来年はいかに

思いっきりのいいバッティングに、にぎやかなキャラクター。

 

ますますの活躍が期待される栗原陵矢選手。

 

 

しかしそんな栗原陵矢選手ですらも、来年のレギュラーが確約されていないというのがホークスの恐ろしいところ。

 

 

今シーズンは主に外野(ライト・レフト)とファーストで試合に出場しましたが、どちらのポジションも激戦区です。

 

絶対的レギュラーは柳田悠岐選手くらい。

 

 

中村晃選手ですらも、競争を勝ち抜かなければいけない立場です。

 

 

今年はシーズン序盤にデスパイネ選手・グラシアル選手がいませんでしたが、本来であれば彼らだってライバル。

 

 

今年50盗塁で盗塁王を獲得した周東佑京選手が、また外野争いに戻ってくる可能性だってあります。

 

 

他にも復活を期す上林誠知選手や、虎視眈々とレギュラーを狙う真砂勇介選手・釜本豪選手。

 

2軍では砂川リチャード選手のような楽しみな選手も育っています。

 

 

 

さらにキャッチャーのポジションだって、甲斐拓也選手がどっしりと座っています。

 

 

4連覇の要にもなった選手。

 

その経験値も加味すると、今の日本球界に彼以上のキャッチャーはいないのではないでしょうか?

 

 

来シーズンは彼らを押しのけて、また自分の場所を確保しなければなりません。

 

 

MVPですらレギュラーが確約されていないチームですから、強くて当たり前ですよね。

 

 

来シーズン、どれだけの活躍を見せてくれるのでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。