こんにちは~

 

いよいよ12月20日より、フィギュアスケート全日本選手権が始まります。

 

私が注目しているのは特に女子ですね。

 

宮原知子選手が5連覇を達成するのか、グランプリファイナル制覇の紀平梨花選手が勢いそのままに優勝するのか。

 

もちろんほかの選手にだって注目です。

 

今回は全日本選手権の注目選手を紹介していきましょう!

 

5連覇狙う宮原知子

【生年月日】1998年3月26日

【血液型】B型

【身長】152cm

【出身】京都府

【所属】関西大学

 

 

 

 

やっぱり宮原知子選手は優勝候補から外せません。

 

 

この大会を2013年から4連覇中!

 

もうそれだけでもすごいのですが、今回は5連覇がかかっています。

 

 

達成すれば伊藤みどりさん以来になるみたいですね。

 

 

昨シーズンは全日本選手権で優勝した後、4大大陸選手権で3位。

 

そして平昌オリンピックでは惜しくもメダルとはなりませんでしたが、4位入賞の活躍を見せています。

 

 

ショートの演技で見せた「SAYURI」、フリーの演技で見せた「蝶々夫人」

 

どちらも本当にほんとうにきれいで、、、私もテレビの前で感動していました。

 

 

 

 

この時出した222.38というスコアは、当時の日本女子歴代最高得点となる数字だったそうです。

 

 

 

宮原知子選手の強みはその安定感ですよね。

 

 

本番でジャンプを失敗したところをほとんど見たことがありません。

 

 

ただジャンプの回転不足については少し気を付けなければならない点で、、、

 

12月のグランプリファイナルでも回転不足ダウングレードがついてしまって点数が伸び悩んでいました。

 

 

演技自体は仕上がっていたので、気を付けるのはここだけのはず。

 

 

あと宮原知子さんってすっごくいい子なんですよね!

 

ある試合のインタビューでの受け答えを聞いて、それだけでファンになっちゃったほどでした(笑)

 

 

後輩選手からも慕われているみたいですし、思わず応援したくなっちゃうような素敵な選手なんです。

 

 

グランプリファイナル制覇の紀平梨花

今回、宮原知子選手の対抗馬どころか、優勝候補筆頭とまで評価を上げたのが紀平梨花選手です。

 

【生年月日】2002年7月21日

【血液型】O型

【身長】154cm

【出身地】兵庫県西宮市

【所属】関西大学KFSC

 

 

 

 

紀平梨花選手は今1番ホットな選手ですよね。

 

 

この12月のグランプリファイナル、ショートプログラムでルール改正後の世界最高得点となる82.51をマークすると、

 

 

 

 

勢いそのままにフリースケーティングでも150.61をマーク。

 

合計233.12という素晴らしいスコアで優勝をはたしました!

 

 

日本女子選手で230点に乗せたのは紀平梨花選手が初めてです!

 

 

それにこの大会を含めて、今シーズンは4つの大会すべてで優勝

 

ルール改正で出来栄え点がより細かくつけられるようになり、得点が伸び悩む選手も多くいる中、安定した演技を見せていますね。

 

 

紀平梨花選手は昨年の全日本選手権でも3位に入っていますし、以前から高い実力を持つことは知られていました。

 

でもシニアクラスに上がったのは今シーズンからですし、1年目からここまでの成績を残すのは本当にすごいです。

 

 

それに宮原知子選手に2戦2勝を挙げていますから、全日本初制覇に向けて大きな自信になっているのではないでしょうか。

 

 

 

紀平梨花選手はジャンプがすごいですよね。

 

 

 

 

 

トリプルアクセルがすごく注目されていますが、他のジャンプもかなりのハイレベルです。

 

ロシアの選手に4回転を決める選手が出てきていますが、紀平梨花選手も練習では4回転ジャンプの着氷には成功しているそう。

 

 

もし4回転ジャンプをものにできたら、もう世界でも敵なしの存在になるかもしれません。

 

 

坂本花織や三原舞依も優勝を狙う

やっぱり1番注目されるのはこの2人の対決になるとは思うのですが、他の選手だって全然負けていません。

 

坂本花織選手や三原舞依選手だって注目選手ですよね。

 

 

坂本花織選手はご存知の通り平昌オリンピックに宮原知子選手と一緒に出場していました。

 

 

 

 

昨年の全日本選手権で2位に入り、一気に代表にまで入ってきましたね。

 

 

オリンピックでも堂々たる演技を見せて、6位という好成績を収めています。

 

 

坂本花織選手は度胸がすごいです。プレッシャーのかかる場面でもしっかり自分の滑りができます。

 

それに1度ジャンプをミスしても、その後のリカバリーでしっかり取り戻せるのも強いです。

 

 

今シーズンもしっかりとポイントを稼いでグランプリファイナルに進出していますし、全日本選手権では昨年よりパワーアップした姿を見せてくれるでしょうか。

 

 

 

そして三原舞依選手にも注目しています。

 

 

 

 

2016年の全日本選手権では3位に入ると、翌月の四大大陸選手権では優勝と実績は十分。

 

 

2015年の冬前に若年性突発関節炎という病気を発症してしまい、同年の全日本選手権は棒に振ってしまいましたが、その翌年にこの成績ですから。

 

見事な復活劇に、心を打たれてしまいました!

 

 

(実はまだ完治したというわけではなく、今も薬を飲みながら競技を続けているそうです)

 

 

 

三原舞依選手はジャンプ・ステップ・シークエンスどれもすごくきれいですよね。

 

動きの1つ1つがとても柔らかくて、指先にまで注目してしまいます。

 

 

それに今シーズン出場した主要な大会では軒並み200点以上を記録していて安定感も抜群!

 

そのスケートを武器に、全日本の頂点を狙います。

 

 

 

他にもパワフルなスケートが持ち味の白岩優奈選手、紀平選手と同じくシニア1年目の山下真瑚選手にも注目ですね!

 

 

樋口新葉選手も注目ですが足の甲のケガがちょっと心配なところ…

 

 

はたして誰が表彰台の頂点にいるのでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。