こんにちは!

 

かつてギター侍として一世を風靡した波田陽区さん。

 

その後はヘキサゴンで再ブレイクを果たしましたが、今となっては何をしているのでしょうか。

 

島田紳助さんがネットニュースに登場する機会が多くなった今、私はとっても気になっています。

 

すると、意外なことが発覚。

 

地元のローカル局で大活躍しているというのです。

 

今回は波田陽区さんの現在についてまとめてみました。

 

波田陽区のプロフィール

【本名】波田 晃(はだ あきら)

【生年月日】1975年6月5日

【血液型】O型

【身長】164cm

【出身地】山口県下関市

【高校】山口県立豊浦高校

【大学】熊本学園大学商学部

【事務所】ワタナベエンターテインメント九州事業本部

 

 

 

 

 

最近、ネットニュースなどで島田紳助さんの記事を見る機会が増えてきました。

 

 

芸能界復帰の意思はなさそうですが、やっぱりすごい存在感ですね。

 

 

misonoさんのYouTubeで、その姿を拝見することができます。

 

misonoさんと紳助さんのトーク、懐かしいな~。

 

 

私もヘキサゴンを見ていた世代なので、このトークは純粋に楽しめました。

 

 

番組が終わったのが2011年ですから、もう10年近くたつんですよね~

 

 

つるの剛士さんのように今もバラエティで活躍する人もいれば、里田まいさんのようにすっかりいい奥さんになった人も。

 

ふじもんとユッキーナについては触れないで行きましょう(笑)

 

 

個人的には元木大介さんが巨人のコーチに就任して、しかも優秀な実績を上げているのが意外!

 

当時はただのおバカキャラだったはずなのにな~w

 

 

 

 

 

 

さて今回はそんなメンバーの中から、あえて波田陽区さんにスポットを当ててみました。

 

 

エンタの神様が人気を博していたころ、ギター侍のキャラで大ブレイク!

 

 

 

 

さらに「クイズ!ヘキサゴンII」でもレギュラーを獲得し、ヘキサゴンファミリーとして長く活躍していました。

 

実は全回答者の中で出演回数が最多だそうですね。

 

 

ヘキサゴンではギター侍じゃなくてただのおじさんでしたが(笑)

 

 

 

 

ですがあれから10年たった今、さすがにテレビでもあまり見かけなくなりましたが、いったい何をしているのでしょうか。

 

 

ローカル局で大活躍の波田陽区

現在、波田陽区さんは福岡に拠点を移し、九州や地元山口のローカル番組に出演しているみたいです。

 

 

しかも山口朝日放送では冠番組まで!?

 

 

その名も「波田陽区のひるくる!サタデー

 

 

 

 

 

同局の帯番組「ひるくる!」の、土曜日スペシャル版になります。

 

 

波田陽区さんが“はたパパ”として、山口県のいろいろなところに出没。

 

娘の”エリカ”と一緒に、山口県にある「しあわせライフ」を紹介していく番組です。

 

 

 

 

(エリカ役の村重エリカさんはHKT48の村重杏奈さんの妹だそうです)

 

 

 

これを含めてテレビのレギュラーは3本ラジオのレギュラーも5本あります。

 

 

思っていた以上に活躍してました!

 

 

ヘキサゴン終了後は仕事のない時期が続く

ただ福岡に引っ越すまでは、やっぱり苦しい時期が続いていました。

 

 

2011年にヘキサゴンが終了すると、とうとうテレビから完全に消えてしまいます。

 

 

ギター侍でブレイクした後、数年でテレビから消えた一発屋芸人というイメージが強いかもしれませんが、

 

ヘキサゴンには2005年からたびたび出演しており、全くテレビに出ない時期は意外と少なかったのです。

 

 

しかしそのヘキサゴンが終了してしまうと、いよいよ本格的にメディア露出が減ってしまいます。

 

一気にどん底に落ちてしまいました。

 

 

 

YouTubeでは2012年に自身のチャンネルを開設。

 

「残念!!」にかわる新しいギャグ「フェニックス!!」を引っ提げ、次々に動画を上げていきます。

 

 

 

 

が、全然ウケない(笑)

 

まあそれが逆に面白いみたいなところもあるのですが(笑)

 

 

しかもほとんどの動画が高評価より低評価の方が多かったりするのも、愛されている証拠でしょうか。

 

ですがこの再生数では食いつないでいくことはできません。

 

 

似ているの一言で再ブレイクへ

そんな波田陽区を救ったのが、卓球の水谷隼選手です。

 

 

 

 

卓球選手とお笑い芸人、一見何の接点も内容に見えますが…

 

 

実はリオオリンピックで水谷選手が団体で銀・個人で銅メダルを取った際、波田陽区に似ていると話題になったのです。

 

 

 

 

 

 

そしてここから、波田陽区さんはまたメディアに呼ばれるようになったといいます。

 

 

本人は「一番似ていたのは10年前ですから~!残念!!」と斬り捨てていますが(笑)

 

 

でもブログでは感謝の言葉を述べ、ツイッターでも水谷隼選手の優勝にお祝いの言葉を送ったりしていて、

 

本当に感謝しているみたいです。

 

 

 

 

似ていると話題になったことがきっかけで、冠番組まで持っちゃうんですから、本当に分からないですよね~

 

 

 

といった感じで、波田陽区さんは今ローカル番組で大活躍しているみたいです!

 

 

東京で1発当ててから、地元に帰ってローカル局のレギュラーを持つ。

 

これって芸人としては理想的な流れなんじゃないかと思います。

 

 

さすがに今も月収2800万円なんてことはないでしょうが、

 

テレビ・ラジオでレギュラー8本も持っていますから、実は私たちが思っている以上に稼いでいるのではないでしょうか?

 

 

これからは「一発屋芸人は波田陽区のようになれ」というモデルになるかも…?笑

 

 

後輩たちのためにも、ますます頑張ってほしいですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。