こんにちは!

 

4月からフジテレビに入社する藤本万梨乃アナが早くも話題になっています。

 

以前からAbemaTVやBS朝日などで学生キャスターを務めていた方なのですが、なんと東大医学部卒の才女という噂です。

 

しかもモデル活動もしていたという美貌まで持ち合わせているんだとか。

 

ですがその東大医学部卒という学歴に批判的な声も上がっていたりもします。

 

いったいどういうことなのでしょうか。

 

藤本万梨乃のプロフィール

【生年月日】1995年10月30日

【出身】福岡県

【身長】163cm

【血液型】OB型

【高校】福岡雙葉 (ふくおかふたば)高等学校

【大学】東京大学医学部健康総合学科

【所属】フジテレビアナウンス室 (2019.4~)

 

 

 

 

 

 

2019年4月より、フジテレビにアナウンサーとして入社予定の藤本万梨乃アナ。

 

 

女子アナが入社前から話題になるのはそれほど珍しいことではないのですが、藤本万梨乃アナの場合はその学歴がすごすぎると話題です。

 

 

なんと東京大学医学部卒

 

 

東京大学卒の女子アナは何人か知っているのですが、医学部卒はなかなかいないですよね。

 

元NHKの膳場貴子アナや、フリーアナウンサーの八田亜矢子さんらが先輩にあたる感じでしょうか。

 

 

 

藤本万梨乃アナは中高一貫校である福岡雙葉(ふくおかふたば)高校を卒業。

 

その後、1年浪人生活を経て東京大学理科二類に合格されました。

 

 

東京大学では入学時は(理系の場合)理科一類・二類・三類と別れているのですが、3年生に進級する際に工学部や理学部、薬学部などの学部を選ぶことになります

 

 

そして藤本満里奈アナが選んだのが医学部というわけです。

 

 

やっぱり東大医学部っていう肩書はすごいですよね。

 

文字だけでも圧倒的な存在感を放ちますから(笑)

 

学生キャスター・モデルとしても活動

藤本万梨乃アナは1年生のときに「東大美女図鑑」に掲載されるなど、その美貌は早くから注目されていました。

 

 

その時の写真がこちら

 

 

 

 

めっちゃ可愛いですよね!

 

 

東大美女図鑑に掲載された学生も多数在籍する「ハンディ」に所属し、東大生タレントとしての活動をスタートさせます。

 

 

BS日テレ『週刊!大学生図鑑』や、TBS『直撃!コロシアム!!ズバットTV』『好きか嫌いか時間』などに出演。

 

 

 

 

 

 

そして3年生になるころには本格的にアナウンサーになることを意識し、「テレビ朝日アスク」へも通い始めました。

 

 

AbemaTV『Abema News』やBS朝日『News Access』などで、キャスターとして経験を積んでいきます。

 

 

 

 

 

 

その一方で、同じく3年生の時に「non-no」のモデルオーディション「カワイイ選抜2期生オーディション」にも応募し、グランプリも獲得しています。

 

 

アナウンス力だけでなく、人から見られるということも意識していたのでしょうか?

 

 

それにアナウンサーになるのならミスコンみたいな肩書があった方が有利とは昔から言われていますから。

 

non-noのオーディションでグランプリだなんて、他の方とは一線を画する経歴ですよね。

 

 

アナウンサーになるためには何をすればいいか綿密に計算して、計画的に努力していたみたいです。

 

藤本万梨乃アナの学歴に批判?

でも藤本万梨乃アナの「東大医学部卒」という肩書が腑に落ちないという方もネットにはいるみたいで…

 

 

たしかに藤本万梨乃アナは東京大学医学部ですが、学科は健康総合学科です。

 

 

環境生命科学・公共健康科学・看護科学の3つがこの学科の軸となっており、

 

医者を目指す学生が選ぶ学科というよりは、生物学や健康科学の研究、あるいは看護師を志望する学生向けの学科となっています。

 

 

医学部医学科と違って4年で卒業も可能です。

 

 

 

それに藤本万梨乃アナは研究者や看護の道に進みたかったわけではないそう。

 

それこそアナウンサーになるために「医学部卒の肩書」が欲しかっただけなんじゃないかと、一部で批判されているのです。

 

 

 

 

でもそれって悪いことなのでしょうか?

 

 

就職のことを考えて大学や学部を選ぶのって、いたって普通のことですよね。

 

 

 

それに藤本万梨乃アナの努力量、もう半端ないんですよ。

 

現役時代は学校とは別に5時間~6時間の勉強。

 

さらに浪人時代は予備校に通いつめ、1日に10時間は勉強していたんだとか。

 

 

追い込みの時期には睡眠時間を3時間に減らし、17時間勉強していたこともあったそうです。

 

 

そもそも医学部うんぬんよりも、まず東大に行くことがすごいんです。

 

 

大学入学後もアナウンサーという目標に向かってずっと努力しています。

 

 

 

アナウンサーという華やかな職業だと、どうしても妬みの声も出てきちゃいますよね。

 

でもこれだけの努力エピソードがあるんですから、きっと素敵なアナウンサーになってくれると思います!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。