こんにちは!

 

この4月からドラマ「きのう何食べた?」が放送開始となります。

 

なんと西島秀俊さんと内野聖陽さんがカップル役!

 

普通の方なら「?」ってなるところですが、私はヒットを確信しました(笑)

 

男同士の恋模様を描いた「おっさんずラブ」があれだけヒットしたのですから。

 

気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

今回はこのドラマについて詳しく紹介していきましょう。

 

「きのう何食べた」が実写ドラマ化

男性同士のカップルの日常を描いた漫画「きのう何食べた?」のドラマが4月からスタートとなります。

 

 

 

 

よしながふみ原作の料理マンガで、2007年よりモーニングで連載がスタート。

 

 

モーニングは週刊誌ですが連載は月1回ペースのため、単行本も14巻までしか出ていませんが、累計発行部数500万部超えの大人気漫画です。

 

 

弁護士の筧史朗(通称・シロさん)と美容師の矢吹賢二(通称・ケンジ)の日常を描いたストーリーですね。

 

特に定評があるのが料理シーン!

 

 

調理の工程がすごく丁寧に表現されていて、ここだけでもすごく読みごたえがあるんです。

 

 

それに単行本には実際にレシピも掲載されているうえ、材料が手に入らなかった時の代用品なんかのアドバイスなんかも。

 

 

実際にレシピ本として愛読されている方もいらっしゃるそうですよ。

 

 

それに職場の同僚や家族たちと繰り広げられる人間ドラマも面白く、その日常シーンも料理からうまく広がっていくのですから、毎度感心させられます。

 

西島秀俊と内野聖陽がカップルに!

几帳面で倹約家、料理上手なシロさん役を西島秀俊さん、

 

 

マイペースで人当たりのいい賢二役は内野聖陽さんが演じることとなっています。

 

 

この1月にドラマのキービジュアルも公開されていたのですが、もう2人ともピッタリでした!

 

 

 

 

よしながふみ先生も大絶賛です。

 

 

やっぱり制作で1番力が入るところは料理シーンになるのでしょうか?

 

マンガのあの丁寧な調理シーンを、ドラマでどう再現するかに注目が集まります。

 

 

ちなみに放送時間は深夜になる予定なので、お腹を空かせた状態で見ると危険なことになりそうです(笑)

 

第2の「おっさんずラブ」なるか?

男性同士のカップルが主人公っていうと、やっぱり「おっさんずラブ」を思い出してしまいますよね。

 

 

 

おなじみ2018年に放送されたこのドラマ。

 

 

田中圭さん演じる普通のおっさんである春田創一と、乙女チックな上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメン後輩男子の牧凌太(林遣都)が織りなす恋愛物語です。

 

 

おっさんがおっさんに恋焦がれるという、なかなかに踏み込んだ設定だったのですが、あまりにもピュアな吉田剛太郎さんの演技や、林遣都さんのイケメンっぷりに引き込まれてしまう人が続出。

 

 

2018年を代表する大ヒットドラマとなったのです。

 

いまだにファンたちの熱狂は冷めやまず、2019年夏には映画も公開される予定です。

 

 

 

 

 

 

でもやっぱりおっさん同士の恋が大うけしたことに違和感を抱いた方も少なからずいらっしゃったのではないでしょうか。

 

 

もともとこのジャンルは「ボーイズラブ(BL)」といわれ、一定の需要はありました。

 

ただそれがあまり表舞台に出ることはなかったように思います。

 

 

BL好きの方もかなりの数がいたと思うのですが、それまではネット上では同じ趣味を持つ仲間内だけで活動する程度でした。

 

 

やっぱりテーマとして取り扱うのは難しかったんですよね。

 

 

LGBTの存在は徐々に一般的になってきましたが、その分どんな表現が差別的と捉えられるかわかりませんし。

 

 

ですがおっさんずラブではLBGT特有の悩みや葛藤などはあえてドラマ内で描写せず、純粋に「恋愛ドラマ」として作り上げたのです。

 

これが見事にハマりましたね!

 

 

コメディチックな雰囲気も良かったのかも!

 

 

BL好きの方たちも、まさかこのテーマが地上波のドラマで放送されるなんて、夢にも思わなかったでしょう。

 

今まで眠っていた需要が掘り起こされ、一気に界隈が活気づいたのです。

 

 

さすがに同じBLでも「おっさんずラブ」と「きのう何食べた?」では作品の雰囲気はかなり異なってくるとは思いますが、

 

 

再びこのジャンルのドラマが制作され、しかも主役は西島秀俊さんと内野聖陽さんということで、また一段と界隈が活気づくのではないでしょうか。

 

 

4月が楽しみですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。