こんにちは!

 

花田光司(元貴乃花)さんと河野景子さんの離婚の最たる理由といわれている花田優一さん。

 

しかし最近ではトラブルメーカーとしての顔も見せるようになりました。

 

両親だけでなく自身も離婚、さらに顧客とのトラブルや、弟子とのトラブルまで報道されるようになってしまったのです。

 

しかも弟子のうちの1人は吉岡里穂さんの弟だという話も。

 

色々なことが明るみになってくるにつれて、女癖の悪さが露呈してきています。

 

今回は離婚の原因や吉岡里穂さんとの関係を詳しく見ていきましょう。

 

花田優一のプロフィール

【名前】花田優一(はなだ ゆういち)

【生年月日】1995年9月27日

【学歴】青山学院高等部卒業

【職業】タレント・靴職人

 

 

 

 

花田優一さんは、2016年ごろからバラエティ番組に出演されるようになりました。

 

 

当初から元貴乃花こと花田光司さんと、元フジテレビアナウンサーの河野景子さんの子供として、2世タレントのようなポジションでしたね。

 

 

それでいて靴職人と2足のわらじを履いて活動しているということもあって、一部ではすごく注目された存在でした。

 

 

 

 

靴職人としての道は15歳ごろから志すようになったみたいですね。

 

学校は幼稚園から高校までずっと青山学院大学というエリートだったのですが、どうも家庭ではお父さんが怖かったらしく…

 

 

小学校を卒業したその当日に、「明日からお前が調子こいたことをしたら引きずり回すからな」といわれるくらい。

 

なんだか昭和の頑固おやじみたい…笑

 

 

家の居心地が悪かったせいか、早く家を出たいと思うようになった花田優一さんは、15歳でアメリカへと留学することとなります。

 

 

そして、そこで出会ったのが「靴作り」でした。

 

 

 

物づくりの面白さや、出来上がった靴の美しさなどに魅了された花田優一さんは、高校卒業後はイタリアのフィレンツェに留学し、靴職人としての修行を始めるのです

 

 

そして3年間の修行を経て帰国。

 

都内に工房を構えて、完全受注生産で販売を行っているといいます。

 

 

 

 

ブランド名は『YUICHI HANADA』

 

価格は15万〜20万ほどだそうです。

 

 

「高っ!」と思いましたが、オーダメイドの靴ならそのくらいはかかるみたいですね〜。

 

 

でもやっぱり「良いもの」なら、それくらいでも欲しいっていう方はいらっしゃるみたいです。

 

 

顧客とのトラブル続々!師匠からも苦言

ですが両親の離婚が取りざたされて以降、花田優一さん自身の「トラブルメーカー」としての顔もクローズアップされるようになりました。

 

 

まず顧客とのトラブル。

 

オーダーメイドの靴を注文したのに1年たっても届かない、とクレームが入ったと報道がありました。

 

 

10万円以上もする靴が一向に届かなければ、怒りも沸いてきますよね。

 

しかもこのクレームも1人や2人だけではなかったみたいで…

 

 

その結果、花田優一さんは所属していた芸能事務所を解雇されています。

 

 

しかも父親の花田光司さんが激怒しての契約解除。

 

もともと花田光司さんは「靴職人の活動に集中すべき」という考えでしたから、もう“話にならない”といった感じなのでしょう。

 

 

さらにひどいのは、花田優一さんはこの件について全く悪びれる様子がないという点です。

 

 

その後もテレビに出演しては、「靴を作るのには時間がかかる」などと発言し、自己擁護の姿勢を見せているのです。

 

 

 

 

「だったらテレビなんか出てないで靴を作れ」って、注文した方は思っているかもしれません。

 

 

 

 

またイタリア修行中の疑惑も報道されています。

 

 

花田優一さんはイタリアの著名な靴職人アンジェロ・インペラトリーチェ氏を師と仰いでいたのですが、

 

 

 

 

そのアンジェロ氏は「彼は弟子ではない」と発言。

 

 

しかもこれは単に弟子として見放された訳ではなく、本当に師匠と弟子の関係ではなかったみたいです。

 

 

フィレンツェの専門学校でアンジェロ氏の授業を受けていたのは本当なのですが、単なる講師と生徒という関係でしかないとアンジェロ氏は語っていました。

 

 

師匠っていうのは花田優一さんが誇張してしまったみたいです。

 

 

ターゲットは吉岡里帆?弟を弟子にして…

そしてここにきて「女癖の悪さ」まで指摘されるようになってきました。

 

 

花田優一さんは日本に工房を構えるようになってから数人ほどの弟子を取ったことがあるのですが、そのうちの1人は吉岡里穂さんの弟だったという話があります。

 

 

吉岡里帆さんの弟は京都市内にあるフレンチレストランで働いていました。

 

しかし吉岡里帆さんの紹介で、花田優一さんに弟子入りしたといいます。

 

 

花田優一さんと吉岡里帆さんは2017年に『チカラウタ』で共演し、お互いのことを「ゆうちゃん」「りほちゃん」と呼び合う仲。

 

 

 

 

花田優一さんの語る創作論に吉岡里帆さんはすごく共感していたそうです。

 

 

“きっとこの人なら弟を任せても大丈夫”と思ったのかもしれませんね~。

 

 

 

しかしそんな気持ちとは裏腹に、弟に与えられた仕事は顧客からのクレーム対応ばかり…。

 

きっと「いつになったら靴が届くの」って電話ばっかりだったでしょう。

 

 

結局肝心の靴作りは全くさせてもらえなかったため、結局3ヶ月で弟子を辞めてしまいました。

 

 

(それでも吉岡里帆さんの弟は電話1本1本に真摯に対応していたそうです)

 

 

こんなことがあったからか、花田優一さんは「吉岡里帆さん狙い」という下心ありきで弟を弟子にしたという話も出てきました。

 

というよりも、今の花田優一さんならだれが見てもそう映ってしまいます。

 

 

だって女癖の悪いエピソードも次々に出てきてしまっていますからね。

 

 

女癖が悪すぎる!妻との離婚・女性弟子とのトラブル

花田優一さんは2017年6月に一般人女性と結婚されています。

 

 

一般人といっても、元幕内力士の富士乃真の娘さんで、お名前は矢木麻織香さんというそうです。

 

しかも大学時代にはミスコンに出場していたほどの美女だったそうですよ!

 

 

 

 

 

はたから見れば美男美女のうらやましい夫婦だったのですが、たった1年ほどで離婚してしまいました。

 

そしてその原因は花田優一さんの不倫ともいわれています。

 

 

もう2018年に入って早々に別居が始まっていて8月には美女との密会現場がフライデーに報じられていましたから。

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つ、今度は弟子についてです。

 

 

花田優一さんは吉岡里帆さんの弟の前にも弟子を取っていて、その方は若い女性だったそうです。

 

しかしやはり花田優一さんとの間に何らかのトラブルがあり、短期間で辞めてしまいました

 

 

トラブルの内容については明らかにされていませんが、これだけのエピソードの後だと、やっぱりよからぬことがあったんだな~って思ってしまいますよね。

 

 

 

テレビで見る花田優一さんは、人当たりが良く誰とでも仲良くなれるような性格です。

 

しかし花田優一さんと関わった人はどんどん離れていってしまいます。

 

 

やはりテレビでは見せない裏の顔のようなものがあるのでしょうか。

 

 

それに口も上手いですよね。

 

直撃取材を受けた時などは、すごく落ち着いた話しぶりを見せていました。

 

 

バラエティに出演した時も、やっぱりトーク力は高いなって思わされます。

 

 

でもやっぱり、クレームに対して言い訳しているところみてると、その場をごまかしてしまう癖があるのかなぁ…なんて見方もしてしまいます。

 

 

やっぱりお父さんがすごく怖かったから、どうにかしてその場を取り繕う術にたけてしまったのでしょうか?

 

 

インスタグラムにはすごく素敵な靴の写真があるのに、すごくもったいないですよね。

 

 

 

 

 

 

今後、花田優一さんはどうなるのでしょうか。

 

 

心を入れ替えて靴職人として頑張っていくのか、それとも芸能界をメインに活動していくのか。

 

 

はたまたこれまでと同じようにどっちつかずの活動を続けていくのか。

 

 

どの道を行くにも、これらの悪評をどうにかしなければなりません。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。