こんにちは!

 

私の地元、鹿児島から期待の新人女優が誕生しました!

 

姉妹で活躍している上白石萌歌さんです。

 

同じ地元というだけで親近感湧くし、不思議と応援したくなるんですよね〜。

 

それでは見てみましょう!

 

Sponsored Link

上白石萌歌のプロフィール

【名前】上白石萌歌(かみしらいし もか)

【生年月日】2000年2月28日

【血液型】A型

【身長】162センチ

【出身地】鹿児島県鹿児島市

【事務所】東宝芸能

 

 

 

 

上白石萌歌さんが芸能界に入ったのは2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』がきっかけ。

 

 

このオーディションでなんと当時史上最年少、10歳でグランプリに選ばれたのです

 

 

 

 

それまでの最年少記録は長澤まさみさんの12歳だったんですが、それをさらに2歳も下回るなんてすごいですよね。

 

もう光る原石どころの騒ぎじゃなかったかも(笑)

 

 

そしてファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活動していくことになります。。

 

 

そこまで高身長というわけではないですが、手足がすらっとしていて綺麗ですよね。

 

 

 

2012年にはドラマ「分身」で女優デビュー。

 

 

 

2015年にはNHKアニメ「はなかっぱ」の主題歌「ス・マ・イ・ル」で歌手デビューもしていますね。

 

 

リズミカルな音楽で、子どもが釘付けになっちゃう歌です(うちの子も大好き!)

 

 

 

2018年のアニメ映画「未来のミライ」では主人公の声を担当しましたね。

 

 

 

これが第71回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出され、上白石萌歌さんも公式上映に参加することに!

 

 

モデルに女優そして声優と、順調な勢いで名を広めていますね。

 

Sponsored Link

ぎぼむす出演!演技はどうだった!?

そして上白石萌歌さんといえば、「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」に出演していましたよね。

 

 

 

このドラマは二部構成となっており、上白石萌歌さんは高校生になった“みゆき役”で6話からの登場でした。

 

 

幼少期のみゆき役は子役の横溝菜帆さんが演じていて、しっかりとした性格の女の子。

 

だったんですが、高校3年生になったみゆき(上白石萌歌さん)は一変しておバカキャラに!

 

 

でもとてもおっとりとした優しい女の子に成長した姿を演じていました。

 

義母役の綾瀬はるかさんとも息ピッタリで、見ていて面白かったです!

 

 

 

個人的意見ですが、上白石萌歌さんらしさがすごく出ている作品だと思います。

 

 

ひとつひとつの表情が豊かで柔らかいんですよねー。

 

 

ドラマ内での成長に応じて、演じ手が変わるというのは結構難しいみたいですがドラマは無事に大ヒットでしたね!

 

 

そして今回の作品で上白石萌歌さんに「可愛い」という声が続出!

 

 

他の同年代の女優さんと比べてとびぬけて可愛いというわけではないのですが、すごくいい雰囲気を持っていますよね。

 

 

 

演技や表情豊かな一面も認められ、ドラマの主演を飾る日も近いのではないでしょうか!

 

 

CMで歌声を披露!独特の世界観で歌う『楓』

そんな上白石萌歌さん2016年から「午後の紅茶」のCMに出演しています。

 

 

 

 

話題となったのは3作目の「あいたいって、あたためたいだ。17冬」篇です。

 

 

上白石萌歌さんが歌ったのはスピッツの名曲「楓」

 

 

YouTubeで拝見しましたが「ス・マ・イ・ル」の時とは違う、しっとりと透き通る歌声ですよね。

 

 

どこか切なげで、とても寒そうで、なんとも言えない世界観のCMに引き込まれちゃいました。

 

 

YouTubeのコメント欄にも

 

「上手い!」

「何回も聴きたくなる」

 

と賞賛の声が相次いでいました!

 

 

このCM効果でスピッツの「楓」がリバイバルヒットしたそうです!

 

 

 

上白石萌歌さんはミュージカル経験も豊富

 

 

2016年には「赤毛のアン」で主役を演じたことがありました。

 

 

 

 

演技力はもちろんのこと、歌唱力が必要となる役ですよね。

 

 

他にもミュージカル「魔女の宅急便」、舞台「続・時をかける少女」などでも主役を経験しているので、あの歌声はミュージカルや舞台で鍛えたものかもしれませんね。

 

 

また、上白石萌歌さんのお母さんはピアノの先生だったそうで、音楽教師をしていた時期もあったのだそう。

 

 

家にはグランドピアノがあり、小さい頃から歌ったり踊ったりしていたそうなので、自然と音感が備わっていたのでしょうね。

 

 

姉の上白石萌音もすごい!姉妹揃って注目!

上白石萌歌さんには姉がいて、同じく芸能活動をしている上白石萌音(かみしらいし もね)さんです。

 

 

 

 

所属事務所も同じで、顔も似ているのですぐ分かりますね(笑)

 

 

姉の萌音さんは、同じく第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に出場していて審査員特別賞を受賞しているんですよね。

 

妹はグランプリで、姉は審査員特別賞だなんて姉妹揃ってすごい快挙です。

 

 

 

萌音さんと言えば、映画「君の名は。」で主人公の三葉の声を担当したことで有名ですね。

 

 

 

 

「君の名は。」のストーリーが好きで何回も繰り返し見てますが、萌音さんが担当する三葉の声、可愛くて好きです!

 

 

先ほど「赤毛のアン」のミュージカルで上白石萌歌さんが主役を務めたと述べましたが、実はその前年は姉の萌音さんがアン役を担当していたんですよ。

 

 

これは姉妹にとって嬉しいのかどうなのか…?と野暮なことを考えてしまいました…(汗)

 

 

前年に経験した姉に相談やアドバイスなど貰えそうだけど、でも比べられそうだし…ってもしかすると複雑な胸の内もあったかもしれませんね。

 

 

そんな上白石姉妹、2018年の映画「羊と鋼の森」で映画初姉妹共演を果たしています。

 

 

山崎賢人さん主演の映画で、上白石萌歌さんと萌音さんはピアニストの姉妹“和音と由仁”を演じています。

 

 

姉の萌音さんは

 

「初めて妹と共演して、私の人生にとって大切な一本です」

 

と語っていましたが、本当そうですよね。

 

 

私も親なので、つい親目線で見てしまうのですが2人の両親は嬉しくてたまらないと思います!

 

 

姉妹でバラエティへの出演も増えていきそうですね♩

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!