こんにちは!

 

2020年のM-1グランプリ決勝進出コンビが発表されましたね。

 

見取り図は3年連続、オズワルドとニューヨークは2年連続の決勝。

 

他にもアキナやマヂカルラブリーも数年ぶりの決勝の舞台です。

 

そんな中で、初出場のコンビもチラホラ。

 

特に注目しているのが東京ホテイソンです。

 

3年連続準決勝進出の実力者が、とうとう決勝の舞台に上がってきました。

 

あの独特のツッコミが、M-1の舞台で爆笑をかっさらうでしょう。

 

M-1決勝進出!東京ホテイソン

ツッコミ:たける

【生年月日】1995年3月24日

【出身】岡山県高梁市

【身長/体重】174cm/70kg

【血液型】B型

【大学】中央大学商学部

 

ボケ:ショーゴ

【生年月日】1994年2月1日

【出身】東京都

【身長/体重】170cm/71kg

【血液型】A型

【高校】東京都立高島高等学校

 

 

 

 

 

2020年M-1グランプリ。

 

初の決勝の舞台へと上がってきた東京ホテイソン

 

 

これまで3年連続で準決勝で涙を飲んできましたが、とうとう殻を破ることができました。

 

 

 

東京ホテイソンはツッコミのたけるさん、ボケのショーゴさんで結成されたコンビ。

 

2人ともまだ20代中盤ながら、勢いのあるコンビです。

 

 

漫才の特徴は、やっぱりたけるさんのツッコミ

 

 

ショーゴさんが一定のテンションでボケを繰り出すのに対し、たけるさんがハイテンションでツッコミを入れます。

 

 

良く通る声、謎の動き、そして言葉遣い

 

1度そのツッコミを目にすると、もう脳裏から離れてくれません(笑)

 

 

しかも勢いだけじゃなくて、なかなか高度なツッコミも見せてくれます。

 

 

例えばYouTubeに上がっている「回文」のネタなんかは、すごく練習したんだなということが分かります。

 

 

他のネタでもまるで言葉遊びのような、よく考えられたワードがチョイスされていたり。

 

 

そんなうまい言葉遊びを、あのテンションと動きでツッコんでくるんですから(笑)

 

面白くならないわけがないんです。

 

 

ツッコミの動きは備中神楽が元?

実はたけるさんのあの謎の動き、備中神楽からも影響を受けているみたいですね。

 

 

備中神楽というのは岡山県備中地方の郷土芸能。

 

 

神殿(こうどの)とよばれる舞台の上で、様々な舞を披露していきます。

 

 

 

 

たけるさんは幼少期の頃から備中神楽に親しんできたそう。

 

 

備中神楽の「神楽師」の資格も持っているそうですよ。

 

 

YouTubeでも備中神楽についてしっかりと解説してくれています。

 

 

 

だから動きに雰囲気があったり、たまに古風な言葉遣いなんかも出てきていたんですね。

 

 

しかもあえて備中神楽の要素を漫才に入れたというよりは、アドリブの中で偶然生まれたみたいです。

 

ですがその偶然の産物が、1番面白い形だったんだとか。

 

 

それを突き詰めていって、今の漫才になりました。

 

 

もはや備中神楽はたけるさんを構成する1つの要素。

 

 

他のコンビにはない、東京ホテイソンだけの漫才ということですね。

 

M-1グランプリでも、あのツッコミが冴えわたるのでしょうか?

 

 

期待していきたいですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。