こんにちは!

 

AKB48に加入して早13年。

 

現在のメンバーの中では3番目に長いキャリアとなった大家志津香さん。

 

先輩や同期どころか後輩ですら卒業していく中、まだまだ現役で頑張っています。

 

大家志津香さんほどグループへの貢献度が高いメンバーもなかなかいないのではないでしょうか。

 

まだまだ卒業するイメージは沸いてきませんが、本人としてはどう思っているのか。

 

今回は大家志津香さんの卒業について調べてみました。

 

 

大家志津香のプロフィール

【生年月日】1991年12月28日

【出身】福岡県福津市

【身長】167cm

【サイズ】B84W63H89

【血液型】O型

【高校】福岡県立水産高校

【所属事務所】ワタナベエンターテインメント

 

 

 

 

 

目下バラエティで大活躍中!AKB48の大家志津香さん。

 

 

とりわけ「くりぃむクイズ ミラクル9」で見せる奇跡的な天然回答、あれは“本物”じゃないとできない芸当です。

 

 

2012年にこの番組のレギュラーになって、そこからバラエティへの出演を増やしていった印象です。

 

 

あれから8年たっても天然は健在ですよね(笑)

 

 

 

そんな大家志津香さん、AKB48としての活動も丸13年を迎えました。

 

 

2007年、第4期生オーディションからグループに加入。

 

ちなみにオーディションに合格したのが5月27日とのことなので、すでに14年目に入っているそう。

 

 

同期メンバーには倉持明日香さんや佐藤亜美菜さん、藤江れいなさんなどなど。

 

同期メンバーで残っているのも、大家志津香さん1人だけになってしまいました。

 

 

ちなみに先輩でも現在まで在籍しているのは

 

1期生の峯岸みなみさん

3期生の柏木由紀さん

 

の2人だけ。

 

 

実はAKB48全体で3番目に長いキャリアになってしまったんですね。

 

 

 

 

苦労続きだった研究生時代

しかし大家志津香さんの芸能活動は、苦労から始まりました。

 

研究生から正規メンバーに昇格するまでにかかった期間、2年半

 

 

なんと2009年の10月になってからのことでした。

 

 

これは当時の最長記録です。

 

 

 

特に後輩の5期生には指原莉乃さんや北原里英さんらがいて、仲はすごくよかったものの、

 

あっという間に追い抜かれ、自分の存在意義に疑問を抱いたこともあったそうです。

 

 

特に北原里英さんとは同居もしていて、向こうは仕事なのに自分は家でお留守番みたいなこともあり…

 

その差をひしひしと痛感させられていたようです。

 

 

 

 

 

それでも、「ファンが一人でもいる限り絶対にアイドルを辞めないぞ」という強い気持ちをもって活動を続けていました。

 

 

実際に劇場メンバーとしてはかなり優秀で、いつ欠員が出てもいいように他のメンバーの振り付けも覚えたり。

 

研究生の中ではリーダーシップを発揮したりもしていました。

 

 

それでいて、当時から天然で先輩からかわいがられていたりもしたそうです。

 

 

いつしかその存在はメンバーの誰もが認めるようになっていき、正規メンバー昇格の話が出たときは周りも喜んでいたみたいですよ。

 

 

バラエティから才能開花!

そして大家志津香さんのキャラクターを全国に知らしめたのは、やっぱりバラエティでした。

 

 

正規メンバー昇格後はテレビやラジオへの露出が増加。

 

 

そこでは身を削った赤裸々なトークを披露したり、体を張って奇跡的な映像を生み出したり、

 

アイドルらしからぬキャラクターでどんどん人気を博していきます。

 

 

 

 

 

正規メンバーになって初めて開催された握手会では人がまばらで、途中で列が途切れてしまうシーンもあり、

 

悔しさと申し訳なさでを見せていました。

 

 

しかしそこから「ファン増員作戦」と称し、都内の各所で知名度向上活動を続けると、

 

さらにその様子が「週刊AKB」で取り上げられ、特別企画「大家志津香の苦悩」として放送!

 

 

すると次の握手会から徐々にファンが増えていきます。

 

 

 

 

 

 

また「くりぃむクイズ ミラクル9」への出演も転機になりました。

 

2011年11月にゲストとして初登場すると、翌年にはなんとレギュラーに

 

 

どうやら具志堅用高さんと相性が良かったのが、くりぃむしちゅーの2人の目に留まったようで。

 

 

 

 

この番組を機に、AKBファン以外の層にも認知されていくようになります。

 

 

大家志津香の卒業はまだ来ない?

こうして今やバラエティには欠かせない存在となった大家志津香さん。

 

もはや一人前の芸人です(笑)

 

 

いやいや、大家志津香さんはアイドルにもきちんとこだわっています。

 

 

冒頭でも紹介したように、大家志津香さんはAKB48でも3番目のキャリアの長さ。

 

一緒に戦ってきた仲間よりも、新しく入ってきた子たちの方が多くなってきました。

 

 

 

 

 

ですが柏木由紀さんが30歳まで卒業しないと宣言しているように、大家志津香さんもまだまだ卒業するつもりはないといいます。

 

 

その理由は単純

 

「AKB48が大好きだから」

 

です。

 

 

もちろん将来のことを考えて、卒業がよぎったこともあります。

 

これ以上グループにいるべきじゃないのかな?と葛藤したこともあります。

 

 

でもやっぱりグループが好きだから、辞めたくないのです。

 

 

グループの勢いは以前に比べるとやや落ち着いてきましたが、だからこそ後輩たちと一緒に話し合う機会も増えてきました。

 

 

どうすればあのメンバーがいたころのように、大きな会場を埋めることができるか。

 

そんなことを一緒に考えているみたいです。

 

 

 

 

また総選挙の順位が上がらずに悩んでいる後輩からも「大家さんのようになりたいんです」と言ってもらえたり。

 

 

14年目にしてすごく充実したグループ活動を送っているそうです。

 

 

 

それにずっと応援してくれているファンの存在もあります。

 

 

ファンの人たちと直接触れ合って、喜びや悲しみを分かち合って、絆を深めていく…

 

AKB48という環境は、それをするのにうってつけなのです。

 

 

そういう意味でも、まだ卒業は考えられないそう。

 

 

ファンが0人になったら本気で卒業を考えるみたいですが(笑)

 

 

まだまだ卒業はイメージできませんね。

 

いくつになっても頑張ってほしいものです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。