大蛇丸の声マネでおなじみ、YouTuberの「とっくん26歳」

 

実はHOTOKEという長崎のデスコアバンドでサポートドラムも担当していたりします。

 

全国ツアーも開催予定!?

 

今回はとっくんのバンド活動について調べてみました。

 

 

とっくん26歳のプロフィール

【名前】と っ く ん 2 6 歳

【生年月日】1993年5月6日

【出身地】埼玉県

【在住】福岡県

【身長】180cm

 

 

 

 

YouTubeにて、NARUTOのキャラクター・大蛇丸の声マネをしながら料理動画を配信するとっくん26歳。

 

「自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、○○で優勝する動画」シリーズ、私も大好きなんです!

 

 

大蛇丸の声マネは似てるし、絶対に言わなさそうなセリフが次々に出てくるし(笑)

 

NARUTOをそこまで知らない人でも十分に楽しめるのがすごい。

 

 

むしろこっちが大蛇丸の本来のキャラだったんじゃないかって、ちょっと錯覚が起きています。

 

 

他のYouTuberとコラボしたときも「本物だ~」って言われていますしw

 

 

 

とっくんはもともとツイッターでモノマネ動画などを投稿していました。

 

大蛇丸のほかに、ハリーポッターシリーズのセブルス・スネイプなど。

 

 

スネイプ先生もよく動画に登場しますよね!理不尽にグリフィンドールを減点していきます。

 

 

 

 

 

ツイッターではもう数年以上前から大蛇丸のモノマネでおなじみだったようです。

 

 

しかし2019年11月16日、動画の転載対策として、まずはニコニコ動画に大蛇丸シリーズを投稿

 

11月28日にはYouTubeでも投稿を開始します。

 

 

もともとツイッター上で人気のある状態でしたから、瞬く間にYouTubeチャンネルの登録者数も増加。

 

ネタもキレを増していき、一躍人気YouTuberの仲間入りとなりました。

 

 

2020年2月より、きまぐれクックかねこさんも所属する事務所Kiiに所属。

 

だんだんと一般男性ではなくなってきています(笑)

 

 

とっくんは実はドラマーだった!

そんなとっくん、動画内でも言っていますが、実はバンドマン

 

実際にドラムをたたいている動画もありますよね。

 

普段のお料理の時とは違って、かなり激しいドラムを披露しています。

 

もともと大学時代から軽音サークルに所属していて、その当時の先輩には同じくYouTuberのアレンさんがいらっしゃいます。

 

 

 

 

Twitterでは2019年7月16日に、長崎のデスコアバンド「HOTOKE」への加入を発表。

 

 

 

じつはとっくん、5年前からのHOTOKEの大ファン!

 

なんでもHOTOKEを追いかけるためだけに福岡に引っ越したという話も。

 

 

 

どれだけ熱狂的なファンなんだ(笑)

 

 

それだけとっくんを熱狂させるバンド、HOTOKEとはいったいどんなバンドなのでしょう。

 

 

長崎のデスコアバンドHOTOKE

(写真はとっくん加入前)

 

【結成年】2008年12月

【結成地】長崎県

【メンバー】

・REIGA (Vo)

・ICHIRO (Ba)

・KEISUKE(Gu)

・とっくん(Support Drum)

 

 

2008年に長崎で誕生したエクストリームデスコア・バンド「HOTOKE」

 

メンバーは変わりながらも12年間活動している、歴史は長いバンドです!

 

 

当初はデスコアをやろうとして結成したわけではなかったそうで。

 

ただただ激しいバンドをやろうとしていたところ、メンバーがデスコアの魅力に気付き、方向転換したそうですよ。

 

 

HOTOKEの代表曲には、2013年12月のファーストミニアルバム「Provincial Solidarity」に収録されている、「TREND KILL」があります。

 

 

海外のデスコア・バンドに影響を受けながらも、日本語を交えた「和製デスコア」をコンセプトに作曲したそうです。

 

それでは、現在のメンバーを紹介していきましょう。

 

 

REIGA(Vo)

 

HOTOKEオリジナルメンバーにして、ボーカルを務めるREIGAさん。

 

メンバーの中で一番メタル系音楽に精通しているという、HOTOKEのリーダー的存在でもあります。

 

 

中学の頃は青春パンクやメロコアが好きだったそうですが、

 

ZANZIBALやCYANIDE CHRIST、EVIL HYPEなどのメタル系バンドを聴きに行ってからはそっちの世界にどっぷり浸かってしまったそう。

 

 

ICHIRO(Ba)

 

 

メンバー中唯一の昭和生まれ、小学生の時に初めて買ったCDはだんご三兄弟というICHIROさん

 

中学生の頃「X JAPAN」や「DREAM THEATER」にハマり、メタルに傾倒するようになっていきます。

 

 

REIGAさんもそうですが、この時期にハマった音楽に、その後の人生にもすごく影響を与えますよね。

 

大学生のころまでは別のバンドに所属していたそうですが、あるライブでHOTOKEとタイバンしたことがHOTOKEとの運命の出会いに。

 

 

2011年にHOTOKEに加入し、HOTOKEのベースを担当しています。

 

 

KEISUKE(Gu)

 

HOTOKE最年少のKEISUKEさん。

 

(とっくんよりさらに1歳下)

 

 

REIGAさんやICHIROさんと同じく、中学生の頃から「X JAPAN」のHIDEさんに没頭していたそう。

 

 

初めて見に行ったバンドがHOTOKEだったそうで、凄く感化されたそうです!

 

 

そして2016年にギターの前任のSHOさんが脱退したことを機に、HOTOKEに加入。

 

まさか自分が憧れのHOTOKEでバンドできるなんて夢にも思わなかったと話しています。

 

 

なんだかその経緯はとっくんと似ていますよね。

 

 

いろいろな人にHOTOKEを知ってもらう

そして2019年7月にとっくんが正式にサポートドラムに加入。

 

 

とっくんが加入したことによって、HOTOKEの名前はメタル好き意外にも広がっていくことになりました。

 

 

とっくん本人はバンドのイメージを崩したくないといって、バンドで活動しているときは大蛇丸要素を出さないようにしているのですが、

 

最近は他バンドにもとっくんファンが増えてきたのか、潜影蛇手や穢土転生のポーズで記念写真を撮ることも増えてきました(笑)

 

 

 

 

 

3月にはドラムの動画をアップするサブチャンネルを開設。

 

 

 

 

これからもバンド活動にモノマネ活動も頑張ってほしいですね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!