こんにちは!

 

アニメ映画『この世界の片隅に』のロング版が12月に公開されますね〜。

 

大ヒットしているこの作品、松本穂香さん主演でドラマ化していますが見てますかー?

 

ドラマの評判や松本穂香さんの今後の期待値などまとめてみましたよ〜!

 

Sponsored Link

松本穂香のプロフィール

【名前】松本穂香(まつもと ほのか)

【生年月日】1997年2月5日

【血液型】O型

【身長】162センチ

【出身地】大阪府堺市

【活動】女優

【事務所】フラーム

 

 

 

 

松本穂香さんは高校時代から演劇部に所属。そこで芝居に目覚めたといいます。

 

 

連続テレビ小説「あまちゃん」に憧れて女優を目指し、高校在学中に現在の所属事務所のオーディションに合格し、晴れて芸能界デビューをはたします。

 

 

有村架純さんと同じ事務所で“有村架純の妹分“というキャッチフレーズが付いているみたいですね。

 

 

 

2015年にWEBショートムービーLOTTE SWEET FILMSの「MY NAME」で女優デビュー。

 

2016年には「ヨミガエラセ屋」で初舞台・初主演と順調にステップアップしていきます。

 

 

また、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では、有村架純さんとの共演もありましたね。

 

 

さらに2017年度上半期の連続テレビ小説「ひよっこ」でも有村架純さんと再共演しています。

 

 

 

 

憧れていた「あまちゃん」と同じ、朝ドラに出演というのは嬉しかったでしょうねー!

 

 

 

 

デビューから3年も経たないうちに、次々と話題作に出演していて今注目の女優ですね。

 

 

勢いは止まらず、2018年7月期のドラマ「この世界の片隅に」では主演に抜擢。

 

 

約3,000人の応募者の中から5回にわたるオーディションを経て、主人公・すず役を勝ち取ったそうです。

 

 

Sponsored Link

夜の朝ドラ?人気作なだけに難しい

この作品は原作である漫画が大ヒットし、2011年にはスペシャルドラマ化されています。

 

その時は、北川景子さんが主演を務めていましたよね。

 

 

2016年にはアニメ映画化され、のんさんが声優を務めました。

 

これが大ヒットを記録し、現在も公開中なんですよね。

 

 

 

 

さらには年末にロングバージョンの公開が正式発表されました!

 

内容としては原作のカット部分を練りこんでいくそうです。

 

 

 

もともとは全国63館から始まった小規模な公開だったにも関わらず、口コミで広がり観客動員数ランキングでは2週連続10位を記録。

 

小規模公開で、上映ランクインすることは相当な快挙なんだそう。

 

 

 

現在では累計400館を超え、初めて上映された2016年11月12日から1日も途切れることなく上映されているロングランとなっているんですよね!

 

 

 

そんな中での連続ドラマなのでもちろん注目度は高まり、評価も厳しくなりそうな予感…。

 

 

 

そもそも実写化を嫌う人たちも多いんですよね。

 

 

漫画やアニメからずっとこの作品を見ていた人たちからすると、「アニメ(漫画)の世界観が壊される」みたいな先入観があるので…。

 

実は私も実写化が苦手なので、気持ちはちょっぴり分かります。

 

 

 

今まで実写化されてきたもので、キャスティングがキャラと合ってない!と思った経験ありませんか?

 

 

漫画やアニメに対する思い入れが強ければ強いほど、その違和感は高まっちゃうんですよねぇ…。

 

 

Sponsored Link

松本穂香の役どころは?演技はうまい?

松本穂香さんは主人公のすずを演じています。

 

 

 

 

すずは絵を描くのが好きな女の子で、高校卒業後、広島の呉市に嫁いでいくところから物語ははじまります。

 

 

終戦を迎える昭和20年頃が舞台。

 

 

原作に忠実な部分とオリジナルな部分も含まれていて、それがまた良い気がします。

 

 

 

連ドラでは、榮倉奈々さんが現代パートとして出演していますが色々と考えさせられますね。

 

 

私は戦争を知らない世代なので、今がどれほど恵まれているのかと思い知らされます。

 

 

そして松本穂香さんの演技なんですが、すずの雰囲気が松本穂香さんにピッタリ!演技も上手!と好意的な声が多いですね。

 

 

 

確かに、松本穂香さんの素朴な感じや天然っぽいところが主人公のすずと上手くリンクしている気がします!

 

 

プロデューサーの佐野亜裕美さんは、この作品が『夜の朝ドラ』のような作品になればいいと語っているそうです。

 

 

そんな想いから、脚本を担当するのは数々の朝ドラを手がけている岡田惠和さんに託されました。

 

 

そういえば、ドラマに出演しているキャストも朝ドラ経験者が多いんですよね!

 

 

松本穂香さんもそうですし、すずの夫役の松坂桃李さんも『わろてんか』に出演、祖母役の宮本信子さんとは『ひよっこ』以来の再共演!

 

 

他にもドラマオリジナルキャラの隣人、伊藤沙莉さんも『ひよっこ』に出演していましたよね。

 

 

書き出してみると朝ドラ経験者多いですね〜!

 

 

先ほどからよく出てくる『ひよっこ』も、実は岡田惠和さんが手がけた作品でthe朝ドラメンバーという感じですね!

 

 

Sponsored Link

脇役からブレイク!?朝ドラは人気女優への登竜門

松本穂香さんは『ひよっこ』で主人公の務めるトランジスタラジオ工場の同僚工員・青天目澄子役を演じていました!

 

 

 

 

脇役ですが、なかなか良い役どころだったのではないでしょうか?

 

 

前は、朝ドラの主演女優がブレイクする傾向がありましたが、最近はもう元々知名度のある女優が主演になることが多い気がします。

 

次の朝ドラ『まんぷく』では安藤サクラさんが主演ですし、来年の朝ドラ『なつぞら』では広瀬すずさんが主演を務めることが決まってますもんね。

 

 

 

 

そんな中、最近では脇役を経て女優としての知名度や地位を高めていくパターンが多いのだとか。

 

 

例えば『ごちそうさん』にヒロインの夫の妹役で脇役として出演した高畑充希さんは、その後『とと姉ちゃん』でヒロインを務めていますよね!

 

 

松本穂香さんも『ひよっこ』に脇役として出演してからドラマや映画への出演が続いていますし、auのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズにも出演しています。

 

 

2018年を代表するブレイク女優に、松本穂香さんの名前を挙げている人もいるそうですよ!

 

 

そしてこの調子だと、実際にそうなってくれそう!

 

 

これからも注目していきたいですね

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク