こんにちは!

 

いま女優の清原果耶さんがすごく注目を集めていますね。

 

映画「デイアンドナイト」でヒロインを務め、プロデューサーに挑戦した山田孝之さんに絶賛されているのです。

 

まだ2002年生まれでまだ高校生。すごく透明感のある見た目なのに、演技では抜群の存在感を放ちます。

 

今回はそんな清原果耶さんに注目してみましょう!

 

清原果耶のプロフィール

【生年月日】2002年1月30日

【血液型】B型

【身長】162cm

【出身地】大阪府大阪市

【所属事務所】アミューズ

 

 

 

 

 

清原果耶さんは2014年、「アミューズオーディションフェス」でグランプリを獲得し、芸能界デビューとなりました。

 

 

 

 

当時中学1年生、でもこの可愛さはもう完成していたみたいです(笑)

 

 

 

 

そして2015年にはNHKの朝ドラ『あさが来た』で女中・ふゆ役に大抜擢!

 

これが清原果耶さんにとって女優デビューとなります。

 

 

 

 

『あさが来た』は大阪を中心とした近畿地方が舞台だったのですが、いくら地元出身とはいえまだ女優経験のない清原果耶さんが選ばれるなんてすごいですよね。

 

 

撮影では大阪弁と京都弁の微妙なイントネーションの違いに苦労したんだとか!

 

 

 

ちなみに元々は別の役でオーディションを受けていたのですが、実はそちらは不合格になっています。

 

 

でも清原果耶さんとふゆのイメージが一致したのか、それとも清原果耶さんに光るものがあったのか、

 

後にふゆ役として正式なオファーがやってきたそうです。

 

 

女優活動の傍らでモデルとしても活動中!

 

2018年からは「Seventeen」の専属モデルとして活動していますが、こちらもデビューは2015年。

 

 

雑誌「nicola」からモデル活動がスタートしました。

 

 

 

 

 

nicolaといえば新垣結衣さんや岡本玲さん、川口春奈さんといった後に女優として活躍するタレントをたくさん排出していますね。

 

 

 

 

特に新垣結衣さんや川口春奈さんとはもう1つ共通点がありまして、、、

 

それは全国高校サッカー選手権大会 応援マネージャーです。

 

 

2018年、清原加也さんが第14代目の応援マネージャーに選ばれたのですが、

 

 

 

 

新垣結衣さんは2005年の初代マネージャー、川口春奈さんは2011年の7代目に就任しています。

 

 

 

 

こちらも堀北真希さんや広瀬すずさんを輩出していますし、女優としての登竜門といわれています。

 

もう大女優になる将来しか見えませんね!笑

 

 

清原果耶の演技力が関係者から高評価

もちろん実力もしっかりとしています。

 

 

「あさが来た」で女優デビューした通り、女優としてのキャリアは決して長いとは言えません。

 

ですがすでに難しい役どころでも高い評価をもらっているようで。

 

 

 

例えば2017年の映画『3月のライオン

 

 

この映画は神木隆之介さんが演じる17歳の棋士・桐山零が、様々な人と出会いながら、時にぶつかり、成長していくストーリーです。

 

この映画で清原果耶さんは零が出会う川本3姉妹の三女、ひなた役を演じていました。

 

 

 

 

すごくストレートな性格で、笑顔の素敵な女の子なのですが、物語冒頭ではいきなり号泣シーンがあります。

 

清原果耶さんは本番が終わった後に脱水症状になってしまうほどの迫真の演技を見せて、観客を映画の世界に引き込んでいました。

 

 

 

 

監督も大絶賛だったそうです。

 

 

さらに印象的なのは2018年出演の『透明なゆりかご

 

このドラマは産婦人科が舞台となったドラマなのですが、決してにぎやかな雰囲気ではなく、どちらかといえば暗い雰囲気。

 

 

 

 

産婦人科は命が生まれる場所でありながら、悲惨なトラブルに巻き込まれて駆け込んでくる患者さんも多く、闇の部分でありながらリアルな世界が描かれています。

 

朝ドラとは全然違いますよね。

 

清原果耶さんはこのドラマで初めて主演に抜擢されたのですが、このなんとも言い難い雰囲気の世界を見事に表現していました。

 

 

演技力の高さに山田孝之も大絶賛

清原果耶さんの演技力はいまや業界内に知れ渡っているみたいで。

 

つい最近ではあの山田孝之さんも大絶賛しているといいます。

 

 

 

 

山田孝之さんは2019年1月公開の映画『デイアンドナイト』でプロデューサーに初挑戦したのですが、

 

そのデイアンドナイトのヒロイン役を勝ち取ったのが清原果耶さんなのです。

 

 

 

 

オーディションでは500人ほどの候補者がいたそうなのですが、山田孝之さんは「役の理解度がすごい」と清原果耶さんが印象に残ったそう。

 

 

撮影が終わった後もずっと清原果耶さんのことを絶賛していて、「専属契約を結びたい」といっているほどです。

 

めちゃくちゃ惚れ込んでいるみたいですね(笑)

 

 

今後また、山田孝之さんプロデュースの映画が作られるとしたら、きっとまた清原果耶さんにオファーすると思います。

 

 

 

ちなみにこの映画では清原果耶さんは主題歌「きまぐれ雲」を担当することも決定しています。

 

これも山田孝之さんが決めたことなのかな?笑

 

 

でも清原果耶さんは小学校のときからバレエや歌を習っていたみたいなので、そちらにも注目していきたいですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。