こんにちは!

 

オリンピックもいよいよ大詰め、野球競技は金メダルを目指しアメリカと対戦予定となっています。

 

準決勝の韓国戦では新井貴浩さんが解説、真面目かつ落ち着いた分かりやすい解説がすごくよかったですよね~。

 

どんな選手にも敬意を払い、中立の立場から解説してくれます。

 

こんな解説してくれる人、意外と貴重なんですよね~。

 

かと思えば現役時代と変わらない愛されキャラで、新井さんらしさが出ているシーンも!?

 

新井貴浩のプロフィール

【生年月日】1977年1月30日

【身長/体重】189cm/102kg

【出身地】広島県広島市

【高校】広島工業高校

【大学】駒澤大学

 

 

 

 

東京オリンピック野球競技、テレビ・ラジオで解説を務めているのが新井貴浩さんです。

 

 

現役時代は広島東洋カープ・阪神タイガースでも活躍。

 

 

2008年の北京オリンピックでは日本代表に選ばれていて、美しいホームラン、そして美しいバット投げを披露してました。

 

(その後は腰のケガでシーズンを棒に振ってしまいましたが)

 

 

通算2203安打・319本塁打、タイトルも本塁打王1回・打点王1回と素晴らしい実績を残しました。

 

 

 

 

その一方で、時折ネタキャラのような扱いをされることも!?

 

 

あんなに一生懸命やっているのに、なぜか面白い写真が量産されるのも新井さんの魅力でした。

 

 

 

 

ここまで多くの選手・ファンから愛された人も、なかなかいないのではないでしょうか?

 

新井貴浩の解説が真面目で分かりやすい

2018年に現役を引退してからは、解説者として活動されています。

 

 

新井さんの解説、本当に真面目で分かりやすい

 

 

現役時代は硬派だったのに引退してからお茶目なおしゃべりおじさんに転身される方が多い中、

 

逆に真面目な解説で一線を画しています。

 

 

選手に対しての常にリスペクトを持ち、中立の立場から解説をしてくれます。

 

 

だから誰が聞いても不快にならないし、すごく安心感があるんです。

 

 

 

 

ですが新井さんらしさも忘れていません。

 

 

金本知憲さんと解説で一緒になったときなんかは、まるで現役の時を思い出したかのような掛け合いが始まったり。

 

 

 

逆に金本知憲さんがいない時に、いじり始めたりすることも。

 

 

本当に金本知憲さんのことが好きなんですね~w

 

 

 

他にもカープの横山竜士コーチが、自軍のピッチャーについてコメントしているときに

 

「解説の新井さんはどうおもわれますか?」とリポーターを通して問いかけてきたり(笑)

 

 

どんだけ愛されてるんですか(笑)

 

 

こんなことができるのも、新井さんだからですよね。

 

 

これからの活躍も楽しみです!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。