こんにちは~

 

日テレのドラマ「ブラックスキャンダル」に小川紗良さんが出演されますね!

 

小川紗良さんといえば、女優だけでなく監督としても活躍しています。

 

今年手掛けた映画「最期の星」も高く評価されているみたいですね。

 

今回はそんな小川紗良さんについて詳しくまとめてみました。

 

Sponsored Link

小川紗良のプロフィール

【生年月日】1996年6月8日

【血液型】B型

【出身地】東京都

【出身高校】都立国際高校

【出身大学】早稲田大学

【身長】159cm

【活動】女優・映画監督

【所属事務所】ヒラタオフィス

 

 

 

 

小川紗良さんは高校在学中に芸能界デビュー!

 

最初の活動はモデルさんだったみたいですね。

 

 

雑誌「HR」の専属モデルとしてのお仕事からスタートしたそうです。

 

このHRはよくあるファッション雑誌ではなく、現役高校生のリアルな生活に焦点を当てた雑誌だそう。

 

 

 

 

以前はきゃりーぱみゅぱみゅさんや佐野ひなこさんも登場していたそうです。

 

 

 

そして女優としてはACCESSキャンペーンソング「春の歌」のMVでデビューをはたします。

 

 

 

 

昔からお母さんの影響で「ガラスの仮面」を見ていて、女優という仕事へのあこがれはあったそうなのですが、

 

これがきっかけとなって本格的に女優業の楽しさに目覚めちゃったそう。

 

 

3年生の時には映画「イノセント15」で初主演も経験しました。

 

 

 

 

Sponsored Link

ひょんなことがきっかけで映像制作にハマる!

ですが映画監督に興味を持ち始めたのはもっと早かったといいます。

 

 

きっかけは高校入学直後。

 

高校1年生の時に自己紹介シートなるものを書いたそうなのですが、そこの「興味があること」の欄に「映像」と書いたそうです。

 

 

実はこのとき映像なんて作ったことはなかったそうなのですが…

 

 

「映画」じゃなくて「映像」って書いちゃった理由は本人にもわからないそうです(笑)

 

 

 

ですが後日、これを見た担任の先生からは「ドキュメンタリー映像を作ってみないか」と提案。

 

 

小川紗良さんも思い切ってこれにチャレンジし、文化祭や体育祭、修学旅行など、さまざま学校行事のドキュメントを作っていったといいます。

 

 

映像制作を手伝ってくれた友達が楽しんでくれたことはもちろん、それを発表した時にみんなが喜んでくれるのを見て、本格的に映画監督を志すようになりました。

 

Sponsored Link

高校は都立国際高校?

でもそんなエピソードが出てくるなんて、通っていた高校が気になりますよね~

 

 

調べてみると、小川紗良さんは都立国際高校出身ではないかといわれていました。

 

 

都立国際高校といえば、都内有数の進学校であり、国際色豊かな高校としてもおなじみですが、自由で自主性のある校風も大きな特徴です

 

特に文化祭などの学校行事は生徒主導で開催され、かなり賑やかになるそう。

 

 

 

 

主な卒業生にはKREVAさんやホラン千秋さんなどがいらっしゃいますね~

 

 

確かにこの高校なら学校行事のドキュメンタリー映像もボリュームのある内容になりそう(笑)

 

 

 

小川紗良さんの才能も、この都立国際高校で発掘されたみたいです。

 

Sponsored Link

早稲田大学で是枝監督に師事

そして高校卒業後は早稲田大学へと進学します。

 

 

早稲田大学にはドキュメンタリー監督として国内外から高い評価を得ている是枝弘和監督が教鞭を振るっていて、

 

小川紗良さん自身も是枝監督を目標にしていたことからこの進学先を選んだようです。

 

 

 

 

在学中は女優としても朝ドラ「まれ」や映画「リバースエッジ」などの話題作に出演する傍ら、

 

監督としては「あさつゆ」「BEATOPIA」「最期の星」などの作品を生み出しました。

 

 

「あさつゆ」では主演の児玉凛役も自身で務めていましたね。

 

 

 

 

これらの映画は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」や「さぬき映画祭」、「沖縄国際映画祭」などにも選出され、多くの注目を集めました。

 

 

 

そんな小川紗良さんも2019年の3月に大学を卒業予定です。

 

 

これからは監督業・女優業に専念していくことになります。

 

 

多彩な才能を持つ小川紗良さんですが、これからの映画界でさらに存在感を示してほしいですね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。