こんにちは!

 

おっさんずラブの映画がいよいよ公開となります。

 

今回の映画はドラマの続編であり、それぞれの恋愛模様の変化に要注目!

 

そして私が個人的に注目しているのが金子大地さんです。

 

96年生まれの若手俳優でありながら、ドラマ版からレギュラーを張る人物。

 

しかもNHKで出演したドラマでも主演を務め、いま大注目なんです。

 

そのキーワードは…「BL」!?

 

金子大地のプロフィール

【生年月日】1996年9月26日

【出身地】北海道

【血液型】A型

【身長】179cm/60kg

【事務所】アミューズ

 

 

 

 

 

 

金子大地さんは2014年に芸能界デビューとなりました。

 

そのきっかけとなったのが「アミューズオーディションフェス2014

 

 

金子大地さんはこのオーディションで得意のバスケや、感情を表現する演技を披露し、俳優・モデル部門賞を受賞しました。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの時のグランプリは清原果耶さん。

 

 

 

もうこの2人だけでも大当たりですよね~

 

 

 

ちなみに金子大地さんは2013年にもジュノンスーパーボーイコンテストにエントリーしていて、当時から一部の人たちに注目を集めていました。

 

 

雑誌JUNONで特集が組まれるのはその5年後のことになります。

 

 

 

 

 

さてさて俳優デビューした金子大地さんが注目されるきっかけとなったのが、2015年に出演した「痛快TVスカッとジャパン」です。

 

 

金子大地さんは番組中の再現ドラマの中で、学校の王子様的な役を演じていたのですが…

 

もうやること全部が格好良すぎですよ(笑)

 

 

 

 

神崎先輩いいいいいい~~~~~って思わず叫んでいました(笑)

 

 

役名の神崎先輩は見事ツイッターのトレンド入り。

 

 

その後もスカッとジャパンには3度にわたって出演したり、ネット配信『熱血!ハンサム塾』でも話題になったりと、コンスタントな活躍を見せます。

 

 

おっさんずラブから大ブレイク!

金子大地さんがさらに注目を集めるようになったドラマが、おっさんずラブですよね。

 

 

もはや紹介するまでもないレベルの大ヒットドラマですが、

 

金子大地さんは主人公・春田創一(田中圭)の務める天空不動産第二営業所にやってきた新入社員・栗林歌麻呂を演じていました。

 

 

 

 

 

当初は春田の幼なじみの荒井ちず(内田理央)を気に入ってアプローチをかけていたものの、

 

後に黒澤武蔵(吉田剛太郎)の元妻である黒澤蝶子(大塚寧々)に惹かれ、少しずつ態度の変化を見せるようになっていきます。

 

 

 

 

 

2人は年の差が27歳もあるのですが、栗林も蝶子もそれをむしろ楽しんでいるような関係ですよね~

 

 

そして映画版ではこの2人が抱き合っているシーンが予告から流れていて、これは目が離せません。

 

 

 

 

BLドラマ出演でブレイクの法則?

そして2019年に出演したドラマでもう1つ、金子大地さんの名前を押し上げたものがあります。

 

 

そのドラマとは「腐女子、うっかりゲイに告る。

 

 

この名前から漂うラノベ感…これがNHKで放送されたっていうんだからすごい時代になりました(笑)

 

ちなみに原作小説はもっと深いタイトルだったりします。

 

 

 

 

 

金子大地さんはこのドラマでは主人公の安藤淳を演じていました。

 

 

純は18歳の男子高校3年生、マコト(谷原章介)という恋人がいる、同性愛者です。

 

 

しかしある日、クラスメイトの三浦沙枝(藤野涼子)が本屋でBL本を買っているところ目撃。

 

紗枝がいわゆる腐女子であることを知ると、親近感がわいたのかだんだんと仲良くなっていきます。

 

 

 

 

ですが誤算だったのは沙枝が純に恋愛感情を抱いてしまったこと。

 

 

しかも沙枝は純が同性愛者であることを知らないまま、純に告白してしまいます…

 

 

 

これもおっさんずラブと一緒で、「同性愛」や「BL」が物語の根幹にかかわっているお話ですよね。

 

谷原章介さんとのキスシーン、私は思わず息を飲みました(笑)

 

 

そして最近はこれらを絡めたドラマが増えてきた印象です。

 

おっさんずラブや、以前にも紹介した「きのう何食べた?」もそうですし。

 

 

 

でもこういうBL系のドラマに出演した俳優さんて、軒並みブレイクしそうな雰囲気があるんですよね~

 

田中圭さんなんかはまさにいい例なのですが。

 

 

今回の金子大地さんも、きっとここからさらに飛躍してくれるのではないでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。